Posted in Frequent-flyer Program

ステータス修行まとめ (2022/23年)

scott wright, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, via Wikimedia Commons

今年度の British Airways ステータス修行と言う名の※シルバーステータス維持活動が完了しました。

※自身はBA最高ステータスのゴールドではなく、ラウンジアクセスがあるシルバーステータスの維持が出来たらいいなーのゆるゆるスタンスで行っております。

Afterコロナということで、いろんなキャンペーンなどを駆使してみました。

毎度のことながら、上級会員ステータスを得るための条件や各用語については、公式ホームページをご覧くださいませ。


今までのステータス修行は次のリンクをどぞ。

Advertisements

2022/23年度のレグ

今年度のレグはこの通りです。

  • LHR – LIS (BA – Euro Traveller – 10×2) *Double Tier
  • LIS – LHR (BA – Euro Traveller – 10×2) *Double Tier
  • MAN – DOH (QR – Q Suite – 140)
  • DOH – NRT (QR – Q Suite – 140)
  • NRT – DOH (QR – Q Suite – 140)
  • DOH – MAN (QR – Q Suite – 140)
  • LBA – DUB (BA/IE – Economy – 5)*コードシェア
  • DUB – LBA (BA/IE – Economy – 10)*コードシェア

= トータル: 615 Tier Points、
出費としては約3,800ポンド (2022年12月ごろのレートで約63万円)

結果、BAシルバーステータス (= oneworld サファイア) 維持です!

※空港コード使用、
(航空会社– 座席クラス – 獲得Tier Points)

今年度の利用航空会社

  • QR: Qatar Airways
  • BA: British Airways
  • IE: Air Lingus / Emerald Airlines

LHR – LIS / LIS – LHR

最初のロンドンーリスボン間は、実はBritish Airwaysが提供しているフライトとホテル(あるいはレンタカー)がセットになったパッケージです。

コロナの影響もあってからロックダウンが解除になってからBAのサイトから5泊以上のパッケージか、レンタカー付のパッケージを予約するとフライトのTier Pointを二倍にして付与するという※限定キャンペーンをやってました。ええ、まあ便乗しました。

※2023年1月本記事投稿時、2023年12月31日までにTier Point2倍キャンペーンが延長されてます。キャンペーンに興味がある方は上記のリンクからご確認くださいませ。

特典のダブルTierの反映にはかなり時間がかかるという話(帰りの便から最大60日)でしたが、
知らない間にしれっと追加されてました。おそらく1ヶ月弱かかりました。

Tier Point Award

ポルトガル旅行について:

MAN – DOH / DOH – NRT / NRT – DOH / DOH – MAN

そして、ついにカタール経由で日本へ一時帰国。カタール経由ですので、使用航空会社はカタール航空

カタール航空はビジネスクラスに比較的安く乗れるため、同じ距離でもビジネスクラスに乗ることでマイルを貯めやすい。とのことで、修行僧によく使われているぽいです。

現在ロシア・ウクライナ情勢の影響によりロシア上空を飛行できないため、多くの欧米航空会社は迂回ルートでの飛行になっています。

ひとフライトが12時間以上になると体が辛くなるため、迂回ルートで運行する日系やBAを避けて、前々から使ってみたかったカタール航空で一時帰国することにしました。

行き帰りのマイル・ステータスポイントの反映は、搭乗から数日以内に反映されました。


トランジット・QRフライトについて:

LBA – DUB / DUB – LBA

2022年最後の旅行となったアイルランド・ダブリン旅行。

BAが運行あるいはBAとして売られている便を2回乗れば、シルバーステータスを維持できるが大きい空港があるマンチェスターかロンドンまで出るのも大変。

一番近くの空港から行ける場所「ダブリン」にしました。

BAとして売られる便だったため、搭乗から72時間以内に反映されました。


アイルランド・ダブリン旅行について:

考察と維持?のためのプラン

With コロナになった上 British Airwaysの本拠地に住んでるし、ヨーロッパに行きやすいのにも関わらず・・・

ステータス・Avios修行がしずらいの、なんの!!!!

理由はわかってるんです、はい。自覚もあるんです。

まず物理的な理由。私が地方都市在住で、一番近くの空港がBA運行便ゼロだから!!!
※ British Airwaysコードシェア便はありますが、2022年冬現在 行き先はダブリンかベルファストのみ。

その上、私自身の問題。私の計画性・本気度がゼロだから。

書き出しにも書きましたが、、、、「意地でもステータスを維持してやろう」とか「なるべく早くライフタイムゴールドステータスを獲得したろ」という意欲はないんですよ。

できれば維持したい」、「60歳までにライフタイムゴールドを獲得できたらラッキーだな」スタンス。

故に旅行行く時になるべくBAを使うあるいは、oneworldを使うフワッとした感じのため、早く計画したら安くなるものを駆け込み予約が多く・・・コストがかかる。

来年度こそは旅行の計画は早めに立てたいですが、ビザ更新があるので正直難しい気がします。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply