Posted in Flights

2022/23年 ステータス修行まとめ

scott wright, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, via Wikimedia Commons

今年度の British Airways ステータス修行と言う名の
※シルバーステータス維持活動が完了しました。

※自身はBA最高ステータスのゴールドではなく、
ラウンジアクセスがあるシルバーステータスの維持が
出来たらいいなーのゆるゆるスタンスで行っております。

Afterコロナということで、
いろんなキャンペーンなどを駆使してみました。

毎度のことながら、
上級会員ステータスを得るための条件や各用語については、
公式ホームページをご覧くださいませ。


今までのステータス修行は次のリンクをどぞ。

2022/23年度のレグ

今年度のレグはこの通りです。

  • LHR – LIS (BA – Euro Traveller – 10×2) *Double Tier
  • LIS – LHR (BA – Euro Traveller – 10×2) *Double Tier
  • MAN – DOH (QR – Q Suite – 140)
  • DOH – NRT (QR – Q Suite – 140)
  • NRT – DOH (QR – Q Suite – 140)
  • DOH – MAN (QR – Q Suite – 140)
  • LBA – DUB (BA/IE – Economy – 5)*コードシェア
  • DUB – LBA (BA/IE – Economy – 10)*コードシェア

= トータル: 615 Tier Points、
出費としては約3,800ポンド (2022年12月ごろのレートで約63万円)

結果、BAシルバーステータス (= oneworld サファイア) 維持です!

※空港コード使用、
(航空会社– 座席クラス – 獲得Tier Points)

今年度の利用航空会社

  • QR: Qatar Airways
  • BA: British Airways
  • IE: Air Lingus / Emerald Airlines

LHR – LIS / LIS – LHR

最初のロンドンーリスボン間は、
実はBritish Airwaysが提供しているフライトとホテル
(あるいはレンタカー)がセットになったパッケージです。

コロナの影響もあってからロックダウンが解除になってから
BAのサイトから5泊以上のパッケージか、
レンタカー付のパッケージを予約すると
フライトのTier Pointを二倍にして付与するという
限定キャンペーンをやってました。ええ、まあ便乗しました。

※2023年1月本記事投稿時、
2023年12月31日までにTier Point2倍キャンペーンが延長されてます。
キャンペーンに興味がある方は上記のリンクからご確認くださいませ。

特典のダブルTierの反映には
かなり時間がかかるという話(帰りの便から最大60日)でしたが、
知らない間のしれっと追加されてました。
おそらく1ヶ月弱かかりました。

Tier Point Award

ポルトガル旅行について:

MAN – DOH / DOH – NRT / NRT – DOH / DOH – MAN

そして、ついにカタール経由で日本へ一時帰国。
カタール経由ですので、使用航空会社はカタール航空

カタール航空はビジネスクラスに比較的安く乗れるため、
同じ距離でもビジネスクラスに乗ることでマイルを貯めやすい。
とのことで、修行僧によく使われているぽいです。

現在ロシア・ウクライナ情勢の影響により
ロシア上空を飛行できないため、
多くの欧米航空会社は迂回ルートでの飛行になっています。

ひとフライトが12時間以上になると体が辛くなるため、
迂回ルートで運行する日系やBAを避けて、
前々から使ってみたかったカタール航空で一時帰国することにしました。

行き帰りのマイル・ステータスポイントの反映は
搭乗から数日以内に反映されました。


トランジット・QRフライトについて:

LBA – DUB / DUB – LBA

2022年最後の旅行となったアイルランド・ダブリン旅行。

BAが運行あるいはBAとして売られている便を2回乗れば、
シルバーステータスを維持できるが
大きい空港があるマンチェスターかロンドンまで出るのも大変。

一番近くの空港から行ける場所「ダブリン」にしました。

BAとして売られる便だったため、搭乗から72時間以内に反映されました。


アイルランド・ダブリン旅行について:

考察と維持?のためのプラン

With コロナになった上 British Airwaysの本拠地に住んでるし、
ヨーロッパに行きやすいのにも関わらず・・・

ステータス・Avios修行がしずらいの、なんの!!!!

理由はわかってるんです、はい。自覚もあるんです。

まず物理的な理由。
私が地方都市在住で、一番近くの空港がBA運行便ゼロだから!!!
※ British Airwaysコードシェア便はありますが、
2022年冬現在 行き先はダブリンかベルファストのみ。

その上、私自身の問題。
私の計画性・本気度がゼロだから。

書き出しにも書きましたが、、、、
「意地でもステータスを維持してやろう」とか
「なるべく早くライフタイムゴールドステータスを獲得したろ」
という意欲はないんですよ。
できれば維持したい」、
「60歳までにライフタイムゴールドを
獲得できたらラッキーだな」スタンス。

故に旅行行く時になるべくBAを使うあるいは、
oneworldを使うフワッとした感じのため、
早く計画したら安くなるものを駆け込み予約が多く・・・
コストがかかる。

来年度こそは旅行の計画は早めに立てたいですが、
ビザ更新があるので正直難しい気がします。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Flights

カタールでトランジット

54north, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, via Wikimedia Commons

なぜカタール航空?

現在ロシア・ウクライナ情勢の影響により
ロシア上空を飛行できないため、迂回ルートでの飛行になっています。

ひとフライトが12時間以上になると体が辛くなるため、
迂回ルートで運行する日系やBAを避けたかった。

プラス、カタール航空はビジネスクラスに比較的安く乗れるため、
同じ距離でもビジネスクラスに乗ることでマイルを貯めやすい。
しかも、カタール航空のビジネスクラスはゴージャスだ。など
という気になる話をたくさん聞いておりました。

なので、前々から使ってみたかったカタール航空のフライトを
転職祝い/自分ご褒美として、予約しました。

当日まで

なんだかんだ運行時間が変更になることが数回。

そのおかげで、飛行機の搭乗時間が朝8時、
家から空港が遠いため、前乗りすることになりました。

プラス、機体変更も1回ありました。
元々MAN→DOH、DOH→NRT、NRT→DOHとDOH→MANの全4区間で
カタール航空の現在の売り?である
新ビジネスクラス「Q Suite」に乗れる予定でした。

が、DOH→NRTの区間が旧ビジネスクラスの座席が使われている機体になり、
ちょっと残念でした。いやー散々振り回されました。

Q Suite – カタール航空のビジネスクラス

こちらが噂のQ Suiteの座席です。

From the aisle

画像では伝わらないですが、かなり広々です。

かつ、完全個室になるようにしっかりしたドアが付いてます。
映画を見て号泣してるときに人に見られたくないので、
私にはぴったし(理由はそこなのか・・)

エンターテイメントは搭乗前3-4ヶ月前ぐらいの洋画と、
中東系映画が多いかと思います。

日本路線でも邦画が片手で数えられるぐらい、
J-POPは最近の曲はゼロで、
なぜか演歌・歌謡曲のアルバムが5枚ぐらいでした。
邦画派・J-POP派はあんまり見るもの聞くものないかと思います。

あと、外から見た風景も素敵やった・・・

参考までに、旧ビジネスクラスの座席はこんな感じ。

Seat

付いているアメニティ等は変わりませんが、
座席のプライベート感はやっぱりQ Suiteと比べて欠けます。

プラス、エンターテイメントのパネル画面も小さめです。

機内食 @ カタール航空

アラカルトになっており、
好きな時間に好きなものを注文できるようになっています。

離陸からすぐぐらいにCAさんに
いつ頃に何が食べたいかを聞かれるので
そのときに答えとくと、スムーズでいい感じ。

区間によってサーブする料理ジャンルが変わるようですが、
必ずアラビックな料理はあるようで、
イスラム教の戒律に沿って調理されているとのこと。

なるべく中東系の料理を食べるようにし、
全て美味しくいただきました。
食べたものはみんなよかったと思います。

トランジット

イギリスからドーハに行くフライトは
ターミナル中心部から遠くのゲートに到着するようで、
お店やラウンジがあるエリアまで15〜20分ほど歩きます。

中心部まで歩くと
空港のホームページやカタール航空のサイトにも乗ってる
この大きいテディベアがお出迎え。

Al Mourjan Business Lounge @ ドーハ空港

今回はビジネスクラスを予約しているので、
カタール航空のビジネスクラスラウンジへ

ひ、広い。

広すぎる・・・・ラウンジの真ん中に噴水?て何?

アート作品もごろごろしとります。。。
今まで行ったことあるラウンジの中で別格です。
庶民の私、落ち着かないです。

ラウンジにシャワーもあるので、
次のフライトに乗る前にさっぱりできます。

Shower

ブースは綺麗ですし、
シャンプーやタオルも使えるので手ぶらで使えます。

しかも、ラウンジエリアとは別に
ダイニングと称したレストランエリアがあります。

Dining at the Lounge

写真で見える通り、
ラウンジの真ん中にカウンターがありスタッフが待機。
スタッフがサーブしてくれます。

Cakes

一部メニューは、
ウェーターさんに注文することで食べれます。

ラウンジは24時間開いていますが、
ラウンジのダイニングエリアは
時間によって提供されているものが異なります。

早朝は清掃があるので、
食事の提供が限られているので注意です。

また、ハマド国際空港では8時間以上のトランジット客のため、
トランジットツアーを行なっています。
https://www.discoverqatar.qa/transit-tours/

今回行きに8時間のトランジットがありましたが、
コロナの関係でカタール入国に陰性証明等が必要となり、
めんどくさいので断念。

次もカタール経由で日本帰ろかなと思っているので、
次回帰国時はぜひストップオーバーして
モスクを見たり博物館行ったりしたいです。

所感

ご褒美フライトとはいえ、
まあまあなお金を払ったわけですが・・・

結論、満足です。

機内でもラウンジでもご飯美味しいですし、
座席がフルフラットになるのでしっかり寝れる。

機内でのCAさん・空港スタッフの多くが
フレンドリーで話やすかったです。
どこぞ空港やエアラインと大違い・・

マイナスポイントは映画は見たいと思えるものが
あんまりなかったことぐらい。
行き帰りトータル4本ぐらいしか見なかったです。

これがエコノミーで体勢の問題で寝れないパターンだと、
見る映画たくさんあって欲しいのですが、
まあビジネスですし、寝て食べればいい私的には許容範囲です。


2022年一時帰国に関するものはこちら!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Flights

2020/21年 ステータス修行まとめ

Alan Wilson, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, via Wikimedia Commons

British Airways (以下:BA)ステータスアップ活動2年目をまとめました。

初回についてはこちら: 2019/20年 ステータス修行まとめ

なお、上級会員ステータスになるための条件や各用語については、
公式ホームページをご覧くださいませ。


ステータス維持について

SFCやJGC修行だと一度一定の上級会員レベルになってから、
特定のクレジットカードを取得することで、
カードを解約するまで半永久的に会員資格を維持できます
※日本在住の場合

し・か・し、それ以外のフリークエント・フライヤープログラムは
カード維持で会員資格を維持できるというのはほとんどないようです。

毎年リセットです。BAも例外ではなく、毎年リセットです。

なので今後も維持したい場合は飛行機に乗り続け、
一定のTier Pointsを貯める必要があります。

じゃあ、JALやANAの方がお得じゃないという話なんですが、
マイレージを貯め始めた時から、
私はイギリスに行くことが多いのと、
ほぼ国内線に乗らないから、
JALやANAという選択肢はありませんでした。

あと、貯めたマイルが使いやすいというのもありました。
(現在は私が入会した当初から変わってしまったので、
個人の見解ではありますが、少し使いづらくなったと思います)

もし私の記事や同じようにBAでステータスをゲットしている人を見て
「自分もそうしよう」と会員登録前に
一度1年間の飛行機の平均乗機量などを確認してみてくださいね。

↓JALのステータス獲得基準のFLY ONポイントの概算計算
https://www.jal.co.jp/cgi-bin/jal/milesearch/save/flt_mile_save.cgi

↓ANAのステータス獲得基準のプレミアムポイントシュミレーター
https://cam.ana.co.jp/amcmember/SimulationJaResult

自身はBA最高ステータスのゴールドではなく、
ラウンジアクセスがあるシルバーステータスの維持が
出来たらいいなーのゆるゆるスタンスで行っております。

2020/21年度のレグ

2020/21年度の使用レグはこの通り。
全部プライベート、出張ではありません。

  • HND – ITM (JL – First – 60)
  • ITM – HND (JL – First – 60)
  • HND – ITM (JL – Economy – Ineligible)*特典航空券
  • ITM – HND (JL – Economy – Ineligible)*特典航空券
  • HND – NGO (JL – Class J – 40)
  • NGO – HND (JL – Class J – 40)
  • HND – LHR (JL/BA – Business – 160)*コードシェア
  • LHR – MAN (BA – Club Europe – 40)

= トータル: 400 Tier Points、出費としては約53万円

結果、BAブロンズステータス (= oneworld ルビー) 獲得です!

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう措置により、
2021年はステータス自動延長されたため、
実績上はブロンズでしたがシルバーを維持できました。ありがたや。

※空港コード使用、
(航空会社– 座席クラス – 獲得Tier Points)

今年度の利用航空会社

  • JL: Japan Airlines
  • BA: British Airways

ANAのSFC修行やJALのJGC修行でよく聞く、
SINタッチ(シンガポールを区切りに国際線を乗るやつ)や
那覇中心に離島巡りは今回もしてないです。

まあコロナでそれどころじゃないので、
日本を離れる前に行かないといけなかったとこ、
行きたかったとこにサラッと行ってきた感じです。

あと移住のタイミングで荷物をたくさん持っていくため、
コロナのこともあって人との距離を取りたいのもあり
ビジネスの片道航空券を買ったのが、
アホほど高かった・・・・出費の8割を占めている。

それでいて、維持するための600 Tier Pointに
到達しなかったのが、かなり痛手です。

まあコロナの影響で自動延長ができたので、
この出費については高い学習料とします。

上記レグに関する記事は、こちら。

考察と維持?のためのプラン

今回はコロナでの延長キャンペーンで、
飛行機を乗らないでも維持できたのはかなりラッキーでした。

維持できた結果、コロナが少し落ち着いてからの
北アイルランド旅行中に夫もラウンジを連れていったり
人混みを避けてセキュリティーを抜けることができたのが◎

再来年度(2022/23年)も上級会員ステータスの資格基準を
いつもより下げているので、
一回日本に帰って、旅行に行けば維持できるはず。

※翌年度(2021/22年)は飛行機に2回しか乗っていないため、
まとめは割愛。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ