Posted in Travel - Europe

Dublin (1)

2022年最後の記事は
2022年最後の海外旅行「アイルランド・ダブリン」についてです。
※ダブリンに関する記事は年明けにもポツポツ更新予定。

ダブリンはアイルランドの首都で、
ギネスビールの発祥の地であることがよく知られてるかと思います。

場所はイギリスのほぼ真横にある国で、
イギリスとの歴史的文化的関わりも深いです。

ただ、おそらく多くの日本人は
アイルランドとイギリスは似た感じかと思ってるんでは?
(少なからず10代前半の私は、
アイルランドはイギリスの一部だと思ってた)

なぜダブリン?

イギリスは現在鉄道ストライキをガンガンにやっておりまして、
イギリス国内でどこか行くのもちょっと難しい、
海外行くのも鉄道で
大きい空港があるマンチェスターかロンドンまで出るのも大変。

けど、British Airwaysの運行便2回乗ったらステータス維持できる。
「飛行機乗らなければ」という使命感が発生(謎)

なので、一番近くの空港である
リーズ・ブラッドフォード空港(空港コード: LBA)から行ける
BA運行便あるいはBAとして販売される便で行ける場所に行こう!と。

2022年12月現在、LBA発のBAの販売・運行便は次の通り。

  • Belfast, Northern Ireland (Air Lingus運行)
  • Dublin, Republic of Ireland (Air Lingus運行)

以上。

去年より酷くなってる!!!
去年の秋にベルファスト行ったばかりだったため、
ダブリンしか選択肢がなかったです。

BAさん、頼むから便を増やしていただけませんか・・・(切実)


去年の北アイルランド旅行についてはこちら。

Emerald Airlines For Air Lingus

BA便として販売されてましたが、
運行はエアリンガスというアイルランドの航空会社。

短距離かつ、かなりのローカル路線のようなので、プロペラ機。

プロペラ機に乗ったのは、
数年前にロシア・ウラジオストクからの帰国便が最後。
今回も謎にどっきどき。

1時間程度のフライトで地方線のため、
ドリンクのサービスのみ。

天気は恵まれてはいませんでしたが、
あまり揺れることなく、定刻に到着。

ウラジオストクから帰るときには気づかなかったのですが、
離陸して高度を維持するまでの段階まで時間がかかるからか
ジェット機で感じるような重力は感じず、
耳の気圧変化も緩やかで不快感が少なかったです。終始快適でした。

Ashling Hotel

今回のお宿はこちら、アシュリンホテル。
一応★4ホテルらしいw

この前リスボンに行った時のBAのHoliday Packageが楽だったので、
今回も朝ごはん付きを条件にここを予約。
(あと、ホテルと航空券セットで予約した方が安かった)

ダブリン中心部から約2kmですが、
ダブリンのいくつかの観光地に徒歩圏内。

徒歩で行ける観光地は以下の通り。

  • Dublin Zoo
  • National Museum of Ireland-Decorative Arts & History
  • Guinness Storehouse
  • Kilmainham Gaol

建てられたのがかなり前、
細かいメンテナンスが行き届いていないところがあるようで、
部屋の塗装が剥がれてるところがありました。
あと、テレビのサイズが小さい。

スタッフはとてもフレンドリーで、
観光に関する質問対応・帰りの航空券の印刷をしてもらったり、
痛いところに手が届く感じで良いサービスです。

滞在中に大きな問題はなく、トータル悪くないと思います。

Howth

ホウスはアイルランドのダブリン郊外にある、
港町です。

ダブリンの街中からはDART(電車)で30分程度でアクセスできます。

崖スレスレを歩くウォーキングや、
港町ということもありシーフードを食べることができます。

ゆっくりまったりするのが好き、自然を楽しみたい方におすすめです。

あと、ダブリン市街からホウスまでの移動中も景観を楽しめますよ!

Nancy Hands Bar & Restaurant

滞在したホテルの近くに偶然あった、
評判の良いアイリッシュパブで夕飯を!

最近オーナーが変わったらしく、
通常より提供できる食事・お酒の種類が少ないとのことです。

私はアイルランド名物、ギネスシチューを注文。

お肉はほろほろ柔らかく、濃厚なシチューでした。
お上品な盛り付けですが、結構お腹に溜まりますよ。

記事の都合上、1日目に行ったランチスポットを省いたのですが、
次回の更新に載せる予定です。

みなさん、良いお年をお過ごしくださいませ!


アイルランド・ダブリン旅行の別記事はこちら。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in UK Entertainment

超個人的おすすめ番組(2022 December)

Photo by JESHOOTS.com on Pexels.com

クリスマスはいかがお過ごしでしょうか?

今年も我が家は親戚宅でクリスマスディナーをして、
テレビを見ながらお酒を飲みつつ、ぐうたらしてました。

意外と12月に地上波を見たので、
年末年始番組は来年の記事に持ち越します。

今月もお付き合いくださいませー。


Freddie & Jason: Two Men in a Tent

  • 放送局: ITV
  • ジャンル: Entertainment
  • エピソード数: 1 ※単発番組

北ウェールズでさまざまな屋外アクティビティーを行います。

キャンプしたり、崖にかかってるブランコ(?)に乗ってみたり
保存鉄道に乗ったり、湖で泳いだり・・・
最終日はイングランド・ウェールズ最高峰のスノードンに登ります。

北ウェールズの景観が楽しめる、
のほほんとした番組となっております。
ウェールズの自然を感じたい方、
ウェールズ旅行を計画している方にぜひおすすめです。

余談ですが、ひと昔前にウェールズに住んでた時に
巡った観光地・カフェを記事にまとめてますので、
興味があればどーぞ。

Miriam and Alan: Lost in Scotland and Beyond

  • 放送局: Channel 4
  • ジャンル: Entertainment
  • エピソード数: 7

『ハリー・ポッター』シリーズでスプラウト先生を演じていた
ミリアム・マーゴリーズと、
『スパイ・キッズ』シリーズでフループを演じていた
アラン・カミングの二人がスコットランド(と米国)でロードトリップをします。

二人ともスコットランド出身ということもあり、
ゆかりの場所を巡ったり、スコットランドの流行りの場所、
ホグワーツ特急の撮影地(!?)に行ったり、
旅行の参考になります。

見どころはそこだけではなく、
ミリアムの歯に衣着せぬぶっ飛び発言も注目どころ。

イギリスに住むまでは
ミリアムについて「スプラウト先生」のイメージが強くて、
温厚で優しい、下品な言葉を一切使わない印象を持ってたんだけど、
この番組を見て、かなり衝撃を受けましたwww

Joe Lycett vs Beckham: Got Your Back at Xmas

関連動画
  • 放送局: Channel 4
  • ジャンル: Entertainment
  • シーズン数: 1 ※単発番組

カタールでのワールドカップ開催に伴い
現地の人権問題・LGBTQ+における扱いについて
問題提起がされてたのが記憶に新しいかと思います。

ゲイのアイコンとして
一昔前にゲイ雑誌の表紙を飾り、
LGBTQ+のアライであった(ある?)デビットベッカムが、
LGBTQに否定的かつ同性愛が違法であるカタールでの
ワールドカップのアンバサダーになったのがことの始まりです。

「アライであることを誇りに思う」と言っていたが、
本件に対してアクション・コメントもしないベッカムに対して
動画のコメディアン・Joe Lycettが
「カタールと関係を解消したら1万ポンドをLGBTQ+支援に寄付する、
しなかったら全額シュレッダーにかける」
と申し出をしました。

結果的にベッカムはこの申し出をスルーしたため、
Joe Lycettは1万ポンドをシュレッダーにかけ、
関連ハッシュタグがUKツイッターのトレンド1位になるほど話題になりました。

参考: https://front-row.jp/_ct/17586583

この番組はシュレッダーにかけるまでの話を追ったものとなります。

Joe Lycettは以前も石油会社・シェルに対して
かなり挑発的な広告動画を作ったり、
道徳的でない対応をしている会社に対して
皮肉なメールを送るなどしてることもあり、
社会的なコメディがお好き・関心がある方は楽しく見れるかと思います。


次のテレビ関連の記事は年明けの予定です。

過去の「超個人的おすすめ番組」記事はこちら。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Food

Sainsbury’s – クリスマス限定商品レビュー 2022

メリークリスマス!
この季節がやってきました、ク・リ・ス・マ・ス!

今年はインフレの影響でいろんなものが値上がりしておりますので、
他の家庭と同じように、
我が家も若干早めにクリスマス準備を始めました。

去年買って気に入ったものは
今年も買って色々コメントを書き残しました。

関連記事: Sainsbury’s – クリスマス限定商品レビュー 2021

本日もお付き合いくださいませ!

Festive Iced Doughnuts

Festive Iced Doughnuts

10月末にフラフラとスーパーに行った時に見つけた
このクリスマス仕様のドーナツ。

ハロウィンも終わってないのに
「もう売ってんの?気が早くない??」と思ったのが正直なところ。

売れ残って半額以下になっていたので、
おやつに買ったのですが、
味はただのアイシングされたドーナツでした。

クリスマスなのは見た目だけでした・・・
正直定価だったら、次はない。

(内容量: 4個 / 定価: £1.25)

Taste the Difference: Mulled Wine Cranberry Sauce

Taste the Difference: Mulled Wine Cranberry Sauce

モルドワインのクランベリーソースとのことでしたが、
スパイス感は薄めではあるもののの濃厚で甘めのソースでした。

我が家はコーラで調理したクリスマスハムと一緒に食べました。
甘めなので濃い味付けか、塩味がきいてるハムと一緒か、
シンプルなチキンと食べるのが良さそう。

来年も出てたら買う可能性高め。

(内容量: 220g / 定価: £1.75)

Taste the Difference: Mulled Wine

パッケージやフレーバーは変わっていない(と私は思います)が、
去年より1ポンド値上げされております。

Taste the Difference: Mulled Wine
(同一パッケージのため、写真は2021年のもの)

でも、夫曰く去年の方が美味しかった気がするとのことでした。

確かに調べてみると今年2022年は、
どのレビューサイトでも
スーパー発のおすすめモルドワインのランキングしていないか、
去年より下がっているみたいで、
もしかしたらリーズナブル感は無くなってしまったのかもしれない・・・

参考:

(内容量: 750ml / 定価: £6)

Taste the Difference: Mulled Spiced Infusion

Taste the Difference: Mulled Spiced Infusion

Twitterでどなたかがおすすめをしているの見て買ったのですが、
私としては「呟いてくれてありがとうございます」という感じ。

実際飲んでみて、味より匂いの方がクリスマスを感じられると思います。

パッケージには3-5分程度1袋をお湯に浸してとのことでしたが、
個人的にはもっと浸した方が良いのでは・・・
5分だとかなり薄い、スパイスの匂いがするお湯な感じ。

あと、浸したあと混ぜた方がいいかもしれません。
スパイス結構沈澱するみたいです。

(内容量: 20袋 / 定価: £1.50)

Taste the Difference: Morello Cherry Flavour Marzipan

Taste the Difference: Morello Cherry Flavour Marzipan

今年は家でクリスマスケーキを手作りしたので、
見た目の都合上あんまり好きでないマジパンも購入しました。

チェリー味のマジパンらしいので、
苦手な私も楽しめるかもという期待を込めましたw

実際使ってみたところ、
ほんのりさくらんぼの味がして食べやすい!
これならあんま好きでないマジパンも食べれる気がしました。

一度練って麺棒で伸ばす必要がありますが、
それはまあ致し方ないですね。

なお、こちらが使用した際の図です。

(内容量: 454g / 定価: £3.50)

Pork Pie Selection / Pork & Cranberry Rolls

Pork Pie Selection / Pork & Cranberry Rolls

まず、このポークパイは残念だった。

なんというか、
全体的に表示に書いてあるフレーバー・豚肉の風味を感じられない。

加えて、チーズ入りのポークパイを初めて食べたんですけど、
こういう感じだったらチーズ入りのポークパイは絶対買わんというくらい。

ペイストリーもかなり重くて、若干油っこい。

リニューアルしたとしても、来年は買わない。

(Pork Pie Selection – 内容量: 6個 / 定価: £3)

ロールのサイズに対してかなり、フィリング量が少ないものがある。
それに関してはかなりクランベリーソースが強くて、
「ポークどこ?」って思った。製造過程上、しょうがないのかも。

フィリングとペイストリーのサイズがほぼ平等か、
ペイストリーが具よりちょい大きめのやつはおやつにいい感じ。

結論、悪くないけど、よくもない。

(Pork & Cranberry Rolls – 内容量: 14個 / 定価: £3.50)

Taste the Difference: Pork, Bacon & Cranberry Sausage Rolls

先日買ったプライベートブランドの
ソーセージロールの上位互換。

生地に対してのフィリングの量は1:1ぐらいで、
生地は高いだけあって、まま美味しい(というか普通)。

安いのと製造工程が一緒だからか、
一部のソーセージロールは
クランベリーソースの味が一切しないものもある。ベーコンもそう。

あまりにも安いやつが残念だったのもあり、
これはそれなりに美味しく感じた。

定価では買わないと思うけど、
小腹が空いた時程度だったら悪くないかも。

(内容量: 9個 / 定価: £3.40→£3.00 ※値下げ中)

Taste the Difference: Mini Beef Burgers

この前友人の結婚式に出た時の
軽食の一つがミニバーガーだったので懐かしさと、
クリスマスのあれこれ準備中に
片手で食べるのにいい感じだなと思い購入。

崩れやすいのもあり、
片手間で食べるのはちょっとダメでした。

可愛いですし、パーティーフードには○。

(内容量: 8個 / 定価: £5.00→£3.30 ※値下げ中)


素敵なクリスマスになりますように!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ