Posted in Travel - England

Haworth to Brontë Waterfall Walk

Moors

先日、ハワースからブロンテ姉妹で舞台になった湿地エリアを歩く
休憩を含む3時間程度のハイキングに行ってきました。

ハワースまではキースリーから保存鉄道で移動し、
私のいつものランチスポットで食事をし、出発!

保存鉄道やランチスポットに関しては、
過去記事: Keighley & Worth Valley Railwayをどうぞ。


Advertisements

Start: St Michael & All Angels Church, Haworth

メーンストリートにある赤い電話ボックスが目印です。
St Michael & All Angels Church, Haworthから出発です。

教会のゲートにある「Public Footpath to Penistone Hill」
のサインに従って進みます。

サインにすすむと教会の墓地に進むので
Kissing Gate (キッシングゲート)* が見える方向へ
そのまま道のりに沿って進みます。

*Kissing Gate (キッシングゲート): こういうの。

Ojw, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, via Wikimedia Commons

教会の敷地を出て、しばらく道なりに歩くと、
また別の方向サインが出ます。

ブロンテ姉妹の小説に憧れて訪ねてくる日本人が多いらしく、
「歩道」とも彫られています。

そして、さらに道を進むと、車道に出ます。
反対側に渡り、そのまま開けた道を進みます。
※ここにも方向サインがあります。

正しく進めば、写真のような方向サインが見えてきます。

ほぼ見える景色は変わりませんが、
本の形をした石などが地面にいくつかありますので、目印になるでしょう。

Penistone Hill

この丘、ペニストンヒルは、
ハワースからBrontë Waterfallに向かう中間地点ぐらいにあります。

この湿地エリアで一番高い位置にあるので、
ハワースや近隣の村、緑を見渡せます。

この丘に行かない場合はそのまま道なりに、
行った場合は元の場所に降りればOK。


そのあと、また道なりに進みます。

何回か車道に出ることになりますので、注意してください。
Reservoirと言われる貯水池・溜池?を見かけたら、あと少し。

Yorkshire Waterという水道局の管轄となっていますが、
ウォーキングやハイキングの方はOK。
このゲートを進んでください。

このサインを見たら、
あと15-20分ぐらいでBrontë Waterfallに到着します。

Brontë Waterfall

天気が良い日ということもあり、
いろんな人が歩きにきており、子供はこの小川で水遊びをしていました。

Top Withens

Brontë Waterfallからまた幾分か歩くと、
Top Withensという『嵐が丘』のモチーフになった廃墟があります。

多くの人がここをゴールにしてウォーキングをしているようです。

Dave.Dunford Dave.Dunford, Public domain, via Wikimedia Commons

今回は時間の関係上行っていませんが、こんな感じ。


今回のウォーキングは休憩含み2-3時間コース。
移動距離はほぼ9kmでした。

もう少し後に行くとブルーベルというお花がたくさん咲くのですが、
運動不足解消に行ったようなものなので、また近いうちに行きたいです。

以下のリンクがわかりやすく、
このルートを紹介しているので、詳細はこちらをどうぞ。
https://www.discoverbradford.com/post/haworth-to-bronte-waterfall-walk

Google Fit’s log

過去のイングランド旅行はこちら!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply