Posted in Food

サンデーローストからアジア風チキンライスへ

私が勝手にシリーズ化している
サンデーローストの余物アレンジ祭り第3弾です。

第1弾はチキンブロス、そして中華そばを作り、
(参照: サンデーローストから中華そばへ)
第2弾は、ピラフを作りました。
(参照: サンデーローストからピラフへ)

今回は、アジア風チキンライスです!!!
シンガポールチキンライス(海南鶏飯)やカオマンガイ等の
具体的な名前にはせず、あえてゴニョゴニョにさせておきます。

だって、なんちゃってだからーーーー!!!


アジア風チキンライス

材料は次の通り。

チキンライス

  • 米 2合
  • 残ったローストチキン 1羽
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • すりおろししょうが 小さじ1
  • すりおろしニンニク 小さじ1
  • ネギ 適量
  • きゅうり 適量
    (飾り。 今回は使い切りたいほうれん草を代用)
  • パクチー 適量
    (飾り。 今回は使い切りたいほうれん草を代用)

チキンライスとセットのつけだれ

前もってお米を研いで、水につけておきます。

その間にローストチキンの肉と骨をめんどくさいけど分けます。
何回も火を入れちゃうとバサバサになってしまうので、
できるだけ身を外して、分けておきます。

お米を十分に水につけたら、
ローストチキンの骨、鶏ガラスープ、ねぎ、
すりおろししょうがとすりおろしニンニクを
お米が入っている鍋 / 炊飯器に入れます。

調理直前に骨を入れるより、早めに鍋に入れておけば
鶏ガラ成分が水に入りやすくなるはずので、
ギリギリに分解するよりは
お米を研いだタイミングでやったほうがおすすめです。

あと、なるべくローストチキンの原型のままいれるよりは、
腕や足を外しておいたほうがお米を炊きやすいです。

材料を入れたら、軽く混ぜて、炊飯します。

お米が炊き上がったら、
骨を取り除いて完成。

野菜と鶏肉、お米をお皿に盛り付けて、
ソースをかけて出来上がり!
※チキンの身はちょっと加熱した方が良いです。

注意点としては、ローストチキンを作るときにハーブの味付けが強いと、
特製ソースをかけたときに味が変わってしまう可能性があります。

Advertisements

完成品

出来たチキンライスはこちらです。

なんちゃって、アジア風チキンライス

見た目的にはきゅうりとパクチーがほしかったけど、
味は悪くないと思います。


夫の作るサンデーローストから、
何か別の料理を生み出す挑戦はこれからも続きます・・・

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply