Posted in Food

Cordialが美味い

あのCordialってご存知ですか?

Wikipediaでコーディアルを検索すると、
主にアルコール飲料ってありますけど、
そっちではなくて「もう一つのコーディアル」の話です。

フルーツやハーブのシロップで、
水・お湯で薄めて飲みます。
日本だと恐らくどのジャンルにも入らないと思われますが、
飲み方的にはカルピスが近いです。
(希釈用ドリンクが日本語での名称のようです)

なお、Cordial (コーディアル)はイギリス英語のようで、
一般的にはSquash (スカッシュ)と呼ばれるようです。

さて、私はイギリスに来て、
初めてコーディアルの存在を知ったのですが、
これが美味い。
カルピス大好きな私は、大変お気に召しましたw

水・お湯で薄めるので好みの味の濃さにできますし、
いろんなもので割れるので一本あるといろいろ楽しめます。

本日は私が好きなコーディアルをご紹介します。


Robinsons

砂糖不使用で、本物のフルーツを使ってできたコーディアルです。

家族向けの大きい瓶をはじめ、
エルダーフラワーをはじめとしハーブ等が入っているのもあり、
種類がとても豊富です。

無難なのは「Family Favourites」シリーズですかね。
特にオレンジ味。
普通の100%オレンジジュースより
一本買って薄めて飲めるので経済的な感じです(貧乏性)
なので、大学生の時、
朝ごはんと一緒に飲んでることが多かったです。

社会人になった今は、「Fruit Cordials」が一番かな。
お酒は飲まないけどちょっとしたドリンクが欲しい時にぴったし。
植物要素?があるから味がさっぱりしてます。

Vimto

ランカシャー発祥のグレープ、ラズベリー、
ブラックカラントが入った飲み薬っぽいコーディアルです。

これはコーディアルだけじゃなくて、
すでに炭酸水と混ぜてあるものや水で薄め済みのものもあります。

おすすめは、Vimto Originalを炭酸で割るのが美味しいです。
テイクアウトのケバブと一緒にいただくと、
素晴らしい背徳感を得られます。

Advertisements

Ribena

ブラックカラントのコーディアルです。
(最近は別のフレーバーも出てます。)

健康イメージで売っていましたが、
知らない間に普通のソフトドリンク扱いになってました。

アイスキャンディーやパンケーキなどの
手作りスイーツに使うことも出来るようで、
おすすめレシピが公式ホームページに紹介されてます。

Ribenaはお水で薄めるのが一番です。
あとブラックカラントは酸っぱいので、
表示よりちょっと多めに水で薄めて飲んでます。


もちろん甘味料を使ってますし、
決して健康に良いかと言われると確実に違うと思いますが、
お酒が飲めないひとが飲むジュースや
ちょっとした水分補給には良いと思っています。

あと、水分補給しなきゃいけないけど、
味がついてる飲み物じゃないと嫌な人にはもってこいです。

飲んだことない方はぜひお試しあれ。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply