Posted in Travel

遅延による運賃一部払い戻し

今回乗った電車ではなく、あくまでイメージw

一定条件を満たした上で電車遅延が発生した場合は、
切符の一部払い戻しができるのを知ってましたか?

それをDelay Repayというようです。

Delay Repay is a national scheme train companies use to compensate passengers for delays. You can claim compensation if you’re delayed by 15 minutes or more when you travel with us (except when delays are caused by planned engineering work).

Southern Railway – https://delayrepay.southernrailway.com/

上記のように、イギリスでは全国的に
遅延による条件下での払い戻しが受けられるようです。
(日本だと、JRの一部列車(特急など)で受けられるようで、
自身も新幹線の2時間以上の遅延で特急券分まるまる返金されたことがあります)

ルール自体は長いこと知っていたのですが、
実際遅延の影響を受けても遅延時間が払い戻しの対象外になることが多く、
昨日初めてイギリスので払い戻し請求を行えました。

今回はその経験を忘れないうちに書いて、紹介しときます。

Advertisements

遅延当日

それはそれは忘れもしない、最近のオフィス出勤日。

基本在宅勤務なのですが、お呼び出しがかかったので、
その日は3時間かけてオフィスへ行くことになっていたのです。

3時間かかるので、10時出勤なのに朝5時起きで、
遅延を見越して7時前には家を出発。

乗る予定の電車出発予定時刻に10分前に
駅に着いたのはいいが、待てども待てども来ない。
電光掲示板を見れば、見る度に電車の到着予定時刻が延びる延びる。
(ちなみにバスも遅れてた)

この日は小雨かつ冷え込みがきつい日だったので、
待合室はパンパン。入れないので、
プラットフォームで30分待ちぼうけ。

のちに電車にやっと乗れたが、
乗り換え予定の電車には乗り遅れました。
しかも、この電車の遅延のおかげでプラットフォーム変更の嵐。

乗り換えの駅はShipley(シップリー)という場所で
プラットフォーム5つある駅なのですが、
跨線橋で全てのプラットフォームがつながっていません。
プラットフォーム1・2からプラットフォーム3・4へ移動するときは、
建物間の移動になり、屋外を軽く数分歩くことになります。
※お粗末な歩道がありますが、駐車場を横切ります。

下の航空地図を見ていただくと分かりやすいんですが、
線路で三角形できてるんですよ!!!

結果として乗り換え予定の電車の後の電車にも乗れず、
次の次ぐらいの電車に乗り、40分程度の遅刻を受け入れました。

もう完全敗北。

この後にある駅まで行った後、
バス2本乗り継いでオフィスへ行きましたが
仕事をする前に私自身がエネルギー切れでほぼ死んでました。

払い戻し手続き

脱線して、遅延どころかShipley駅の愚痴になってしまいましたが・・・

オフィスから帰宅後に
「あれ、これ一部払い戻しできるんじゃない?」と気づき
忘れる前に調べました。

原則、ルールとして覚えていていただきたいのは、
予定時刻より15分以上遅延していて計画工事による遅延ではないもの
払い戻しあるいは返金の対象になります。

返金はこの遅延や運行キャンセルの影響により、
電車移動を取りやめた際に切符販売元に請求できます。

そして一部払い戻しは、キャンセルや遅延の影響により
到着地に遅れて着いた場合には運行会社に請求できます。

なので、返金なのか払い戻しによって、
またルートによって複数の運行会社が通っているので
状況により請求先は異なるのでよく確認してください。

詳細は次のリンクをどうぞ。
https://www.nationalrail.co.uk/209242.aspx

基本的にはどの一部払い戻し・返金請求にも、
切符購入情報、運行会社、遅延時間の情報が必要なので
遅延対象になると思ったら即メモがおすすめです。

私は意地でも会社に行ったので、
今回は一部払い戻しの手続きを行いました。

運行会社はNorthen Railだったので、
https://delay.northernrailway.co.uk/ から指示に従って請求。

払い戻し先は会社によって選択肢が違うと思うのですが、
Northernの場合はPaypal、BACS(銀行振り込み)、
Northernで使えるバウチャー或いはチャリティーへの寄付となってました。

請求結果

請求から10日程度で、
請求に対しての判断が下されます。

私の請求は、規定通り切符の25%分が返金されることになりました。
請求結果報告から5営業日程度で振り込みがされるようです。

それなりに時間がかかるので、気づいた時にすぐやることがおすすめです。


その他電車関連の記事はこちら。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply