Posted in Flights

2020/21年 BAステータス修行まとめ

Alan Wilson, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, via Wikimedia Commons

British Airways (以下:BA)ステータスアップ活動2年目をまとめました。

初回についてはこちら: 2019/20年 BAステータス修行まとめ

なお、上級会員ステータスになるための条件や各用語については、
公式ホームページをご覧くださいませ。


ステータス維持について

SFCやJGC修行だと一度一定の上級会員レベルになってから、
特定のクレジットカードを取得することで、
カードを解約するまで半永久的に会員資格を維持できます
※日本在住の場合

し・か・し、それ以外のフリークエント・フライヤープログラムは
カード維持で会員資格を維持できるというのはほとんどないようです。

毎年リセットです。BAも例外ではなく、毎年リセットです。

なので今後も維持したい場合は飛行機に乗り続け、
一定のTier Pointsを貯める必要があります。

じゃあ、JALやANAの方がお得じゃないという話なんですが、
マイレージを貯め始めた時から、
私はイギリスに行くことが多いのと、
ほぼ国内線に乗らないから、
JALやANAという選択肢はありませんでした。

あと、貯めたマイルが使いやすいというのもありました。
(現在は私が入会した当初から変わってしまったので、
個人の見解ではありますが、少し使いづらくなったと思います)

もし私の記事や同じようにBAでステータスをゲットしている人を見て
「自分もそうしよう」と会員登録前に
一度1年間の飛行機の平均乗機量などを確認してみてくださいね。

↓JALのステータス獲得基準のFLY ONポイントの概算計算
https://www.jal.co.jp/cgi-bin/jal/milesearch/save/flt_mile_save.cgi

↓ANAのステータス獲得基準のプレミアムポイントシュミレーター
https://cam.ana.co.jp/amcmember/SimulationJaResult

2020/21年度のレグ

2020/21年度の使用レグはこの通り。
全部プライベート、出張ではありません。

  • HND – ITM (JL – First – 60)
  • ITM – HND (JL – First – 60)
  • HND – ITM (JL – Economy – Ineligible)*特典航空券
  • ITM – HND (JL – Economy – Ineligible)*特典航空券
  • HND – NGO (JL – Class J – 40)
  • NGO – HND (JL – Class J – 40)
  • HND – LHR (JL/BA – Business – 160)*コードシェア
  • LHR – MAN (BA – Club Europe – 40)

= トータル: 400 Tier Points、出費としては約53万円

※空港コード使用、
(JL:JAL / BA: British Airways – 座席クラス – 獲得Tier Points)

ANAのSFC修行やJALのJGC修行でよく聞く、
SINタッチ(シンガポールを区切りに国際線を乗るやつ)や
那覇中心に離島巡りは今回もしてないです。

まあコロナでそれどころじゃないので、
日本を離れる前に行かないといけなかったとこ、
行きたかったとこにサラッと行ってきた感じです。

あと移住のタイミングで荷物をたくさん持っていくため、
コロナのこともあって人との距離を取りたいのもあり
ビジネスの片道航空券を買ったのが、
アホほど高かった・・・・出費の8割を占めている。

それでいて、維持するための600 Tier Pointに
到達しなかったのが、かなり痛手です。

まあコロナの影響で自動延長ができたので、
この出費については高い学習料とします。

上記レグに関する記事は、こちら。

考察と維持?のためのプラン

今回はコロナでの延長キャンペーンで、
飛行機を乗らないでも維持できたのはかなりラッキーでした。

維持できた結果、コロナが少し落ち着いてからの
北アイルランド旅行中に夫もラウンジを連れていったり
人混みを避けてセキュリティーを抜けることができたのが◎

再来年度(2022/23年)も上級会員ステータスの資格基準を
いつもより下げているので、
一回日本に帰って、旅行に行けば維持できるはず。

※翌年度(2021/22年)は飛行機に2回しか乗っていないため、
まとめは割愛。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Flights

2019/20年 BAステータス修行まとめ

BriYYZ, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, via Wikimedia Commons

初めての British Airways (以下:BA)ステータスアップ活動をまとめました。

まず、ステータス修行は金持ちの道楽だと思われるかもしれんが、
ただ飛行機に乗るのが好き•遠いところに行くのが趣味なので、
私の趣味でお金がかかっているのは旅行くらいである。

結果として、マイレージ・ステータスは私の旅行の副産物なのである。

そして、これは出張のないただの会社員がどれだけ乗れば、
BAならびにOne Worldのステータスが得られるかという話です。

BAの上級会員ステータスってどうやったら得れるとか、
軽い感じ・話半分で読んでいただければ幸いです。

なお、上級会員ステータスを得るための条件や各用語については、
公式ホームページをご覧くださいませ。


ステータス修行のきっかけ

初めて上級会員ステータスを得たのは、
新婚旅行でビジネスに乗った2019/20年度。

当時国際遠距離夫婦でしたので、新婚旅行先で現地集合。現地解散。
そして、旅行中の長距離移動は越境鉄道を予定していたので、
体力温存のため奮発して
初ビジネスクラスの長距離国際線(HND-LHR-AMS)に乗りました。

それが「ステータス目指してみる?」と大きな、
でもかなり軽いきっかけでした。

私の新婚旅行の話が気になる方は、次のリンクをどぞ。

2019/20年度のレグ

2019/20年度の使用レグはこの通り。
全部プライベート、出張ではありません。

  • HND – FUK (JL – Class J – 40)
  • FUK – ITM (JL – Class J – 40)
  • ITM – FUK (JL – Class J – 40)
  • FUK – HND (JL – First – 60)
  • HND – LHR (BA – Club World – 160)
  • LHR – AMS (BA – Club Europe – 40)
  • AMS – LHR (BA – Euro Traveller- 10)
  • LHR – HND (BA – World Traveller Plus – 100)
  • HND – ITM (JL – First – 60)
  • ITM – HND (JL – First – 60)

= トータル: 610 Tier Points、出費としては約54万円

※空港コード使用、
(JL:JAL / BA: British Airways – 座席クラス – 獲得Tier Points)

ANAのSFC修行やJALのJGC修行でよく聞く、
SINタッチ(シンガポールを区切りに国際線を乗るやつ)や
那覇中心に離島巡りはしてないです。

というのも、当時は所用で大阪に行くことが多かったのと、
食事時間を兼ねるためにあえてファーストを予約したり、
予約のタイミング的に
クラス Jのチケットを安く買えたことが多く、
Tier Pointがすぐに貯められました。
※クラスJはビジネスクラス相当に値するので、
獲得Tier PointはBAの国内線やヨーロッパ線のビジネスと同じだけもらえます

今回の新婚旅行が急に決まったのが、
かなり出費がかかってしまった敗因なんですけど、
計画的にプランを組んだりセールを使うと
もっと安く上がるはず。(半分以上がBAのHND-LHR-AMS往復航空券)

考察と維持?のためのプラン

つまり、日本在住の場合は
BAを使ってイギリス経由でヨーロッパ旅行を1-2回して、
残りはJALの国内線に乗ってBAのシルバー、
One Worldならサファイアを比較的簡単に目指せます。

なので、海外旅行好きはサファイア会員であれば意外と目指せると思うのです!!
(エメラルド会員は厳しい。
何せ、サファイア会員になる基準の倍ほどTier Pointためないといけないから)

ただ、通常時のBAはまあまあするし、お値段が・・となる方は、
(それでもANAやJALのヨーロッパ方面フライトと比べると少し安い)
まだ自分では試せてないんで、机上の空論なんですが、
カタール航空を使ってヨーロッパ・日本間を移動して
ヨーロッパ国内線でBAを使うというのが計算上これより安く上がりそうです。

イギリスに住んでいる今は上記を使って、維持を試みる予定です。
あと、カタール航空に乗ってみたいというのもあるんですが!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Flights, Money and Saving

空港でのポイントカード

みなさん、ポイ活励んでますか?! (急に胡散臭い)

各空港もポイントカードがあるのご存知でしたか?
出張によく行く方や特定の空港をよく利用される場合は、
会員になって損はないかと思います。

今回は、空港におけるポイントカード
およびお得意様特典を紹介したいと思います。

KIX-ITMカード

空港: 関西国際空港(KIX)、大阪国際空港(ITM)
アプリ有無: 無 ※申し込みから90日以内にカードを空港にて受取要

関西空港発着のフライトを利用することで貯まるポイントスキームです。
また、空港に見送りや遊びに来た時も1ポイント貯まります。

貯まったポイントは、ANAあるいはJALのマイレージへ交換できます。
もしくは、駐車料金を24時間無料にする特典やホテルの宿泊券へ交換できます。

詳細は公式ページへどうぞ。

セントレアカード

空港: 中部国際空港(NGO)
アプリ有無: 無 ※クレジットカード発行

クレジットカード付帯になってしまいますが、
セントレアカードポイント端末機から月に一度来港ポイントをもらえます。

貯まったポイントはお買物券や駐車ポイントに交換できます。

詳細は公式ページへどうぞ。

My Paris Aéroport

空港: パリ=シャルル・ド・ゴール空港(CDG)、パリ=オルリー空港(ORY)
アプリ有無: 有

貯める: €1→2ポイント 店舗により€1→1ポイントの場合有り
使う: 500ポイント→€5の割引券

入会記念に5ユーロの駐車場割引と100ポイントが進呈されます。
会員は無制限のWi-fiが使用できる上、常に提携店では買い物が5%引きです。

ポイントの使用方法には割引券の交換もありますが、
KML・エールフランスのマイルに交換することもできます。

詳細は公式ページへ。

Changi Rewards

空港: チャンギ国際空港(SIN)
アプリ有無: 有

貯める: 一般メンバー S$10→10ポイント
使う: eバウチャーへの交換

チャンギ空港内での食事および買い物で貯めるポイントです。
友達紹介によって貯まるポイントもあるようです。
また、お得意様レベルによって、同じ出費でも取得ポイントが変わるようです。

ポイントの使い道はeバウチャーへの交換がありますが、
それ以外にもシンガポール航空のマイルへの変換も可能です。

詳細は公式ページへ。

Heathrow Rewards

Heathrow Rewards

空港: ロンドン・ヒースロー空港(LHR)
アプリ有無: 有

貯める: £10→10ポイント
使う: eバウチャーへの交換 等

ロンドンヒースロー空港での買い物・食事で貯まるポイントカードです。
買い物・食事だけじゃなく、Heathrow Expressの予約時にも貯まります。

貯まったポイントはクーポンへの発行、マイレージへの交換、
ラウンジ使用時の割引券の発行などに使えます。

私自身は現在イギリス在住なので、
日本に直通で帰ろうとなるとヒースローしかチョイスがないので
ここの会員になってます。

最後にポイントの変動があってから2年間有効なので、
ロンドン経由でヨーロッパ行くことが多い方におすすめです。
また、入会時100ポイント進呈されます。

詳細は公式ホームページへどうぞ。


いかがでしたでしょうか?
興味があれば、「よくいかれる空港にポイントカードがあるか」など
確認してみてください。

では!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ