Posted in UK Entertainment

ウェールズを感じる! TVドラマ

ホントはSt. David’s Dayに合わせて
公開する予定だったんですけど、普通に間に合わなかったww

イギリスに戻ってから2年目ですが、
コロナの影響もあってウェールズに戻ることができないのもあって
ウェールズを感じられるTV番組をめちゃくちゃ見てます。

今回の記事はただただウェールズを舞台にした番組を見て、
番組についてと余談を書き連ねるというスカスカな内容になってます。

ご興味があれば、そのままお付き合いくださいませ。

Hinterland – Y Gwyll

  • 放送局: BBC / S4C (現在はNetflixで見れます)
  • ジャンル: サスペンスドラマ
  • シーズン数: 3
  • エピソード数: 26

舞台はアベリストウィスを始めとする、
ウェールズ中西部となっております。

ウェールズ各地の小さな村で起きる殺人事件を、
主人公のDCI Tom Mathiasを中心に捜査をします。

そして、主人公はちょっと影のある感じでそれも良い!

血は多いはかなりグロいですが、
現場を向かうシーンで山などを映していて、
ウェールズの自然美を楽しめます。
↓インタビューでもウェールズ感についての言及がありました。

名探偵コナンみたいに各事件が一話あるいは、
前編・後編の二話で解決します。
なので、続きが気になって一気見るする必要がございません。
長時間テレビを見るのが苦手な方にも見やすいかと。

あと、個人的に文句を言いたい!!
現在BBC iPlayer並びに
Clic (ウェールズ語専門チャンネルS4Cのストリームサービス)で見れないので、
Netflixで見始めたんですが・・・・

ほとんどのシーンが英語とウェールズ語で2回撮っているのもあり、
Netflixは完全にフル英語なんでウェールズ感が半減なんです・・・・
私、ウェールズ語を聞きたくてS4Cのドラマ見てる感あるからね。
正直、脚本的にもウェールズ語である必要がないんだろうな・・・。

The Accident

  • 放送局: Channel 4 / Netflix
  • ジャンル:ドラマ
  • シーズン数: 1
  • エピソード数: 4

架空のウェールズの村で起きた爆発により
複数のティーンエージャーの命が失われ、
村のコミュニティが崩壊していくストーリーです。

ええ、もちろん暗いです (何回目や)

完全フィクションでなぜ村が崩壊していく話を作ったのかは
正直よくわからんし・・・
4話完結なんですが、あまりにも興味が薄くてこれ途中で止まってます。
もし見終われば追記します。

撮影はスウォンジーを始めとする南ウェールズが中心のようです。

Hidden – Craith

  • 放送局: BBC / S4C
  • ジャンル: サスペンスドラマ
  • シーズン数: 3
  • エピソード数: 20

北ウェールズを舞台にした、ダークサスペンスです。

主演は、Hinterlandのシリーズ3で助演だったSian Reese-Williams。

若い女性が川で不審な死を遂げるところから話が始まり、
主人公の刑事たちがその女性が
同一地域で起きている複数の行方不明女性の1人ではないかと判断します。

同じように行方不明になった女性について調べるなどし、
事件の関連性を追求するというストーリーになってます。

内容がかなり暗っぽい上に、
若干一部の登場人物が自傷行為を繰り返したり、
ある人はサイコパスっぽいですし、気持ちが沈む時には見れません。

このドラマ2話分1日で見たら、かなり気分が悪くなりました(苦笑)
あと、昼間見た方がいいです。夜見て、若干トラウマになりました。

これだけ言うと、このドラマは暗いだけで、
なぜ見た方がいいのか伝わらないので、
ポジティブなことを。

手付かずになっている自然が多くある北ウェールズで撮影しているため、
映像美が楽しめます。スノードニアの美しさがかなり際立ってます。
個人的にはロケ地が昔住んでいた場所やよく訪れていた場所なので、
大学時代を振り返るいい機会になってます。

また、S4Cというウェールズ語専門放送局が作ったドラマのため、
オリジナルの言語はウェールズ語ですが、
BBCでの放送時はセリフの一部が英語に吹き替えられてます。

俳優陣は知っている限り全員ウェールズ人で、
アクセント的にはスーパーローカル感があります。
なので、ウェールズ語を勉強してる人及び、
ウェールズ人の英語に苦労してる人には、
リスニングの練習に最適です。

あと、2022年3月16日から最終シリーズが始まりました!!!

見た後暗くなるとはいえ、最終シリーズを楽しみにしてたので、
うきうきですね (おそらく、表現としては適切ではないw)

あとさ、DS Owen Vaughan役の
Sion Alun Daviesのアクセント・声がめちゃくちゃ好きなんだよね。

ウェールズ独特の歌うような抑揚のあるアクセントなんだけど、
発音がクリア。聞きやすい。

9割言ってることわかんないけど、
かわいいSianとSionが見れるビデオを置いておきます。

超個人的おすすめ番組(2021 April)から一部転載

Requiem

  • 放送局: BBC / Netflix
  • ジャンル: サスペンスドラマ
  • シーズン数: 1
  • エピソード数: 6

主演はLydia Wilsonですが、
Hinterland主演のRichard Harringtonと、
Hidden主演のSian Reese-Williamsも出てます。

ロンドンに住むチェリストが、家族の不幸をきっかけに、
小さなウェールズの村での少女失踪事件と
自身の母親との関係性を知ることから始まります。

こちらも例に漏れず、暗いですwww
曇天が脚本家にこういうストーリーを書かせるんですか?
だから、Welsh Noirというジャンルが生まれてるんですかね??

正直若干ホラーというか
怪奇現象的な内容も入っていたため、途中で断念。
暗いのはいいんだけど、チキンなのでお化け的なの見れないです。
断念してるので、これといったことが言えません。すみません。
もし見終わることがあれば、追記します。

撮影はNewportを始めとする南ウェールズが中心ですが、
一部では北ウェールズでも行われたようです。


いかがでしたでしょうか?

先述の通り、まあ理由はよくわかりませんが、
Welsh Noirというのが最近のトレンド(?)というか
ウェールズ政府がこういったものにかなり投資しているようです。

ここまでハマるとちゃんとウェールズ語勉強して、
ドラマを見た方が楽しめると思います。

大学時代は英語のみで四苦八苦してたので、そんな余裕はなかったですが、
正直ウェールズに住んでた時に勉強しなかったことを
今かなり後悔してます・・・

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Travel - Wales

Cardiff

本日はウェールズの首都カーディフ(Cardiff)についてご紹介したいと思います。
そして今日は、ウェールズの重要な記念日St David’s Dayです!!!
Dydd Gŵyl Dewi Hapus / Happy St David’s Day 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿

本編を始める前に、ウェールズ出身の俳優ルーク・エバンズの
素敵ビデオがありましたので、勝手ながら共有させていただきますw

なお、掲載している情報・写真は5年以上古いものが大半ですので、
訪問や観光を予定している場合は掲載している公式ホームページをご確認ください。


カーディフはウェールズの首都であり、
人口30万人のウェールズ最大の都市です。

High Street, Cardiff

ロンドンから電車で2時間弱で行けますので、
日帰りトリップも可能です。

Wales Millennium Centre

Wales Millennium Centre

ウェールズ語と英語が大きく書かれたホールで、写真スポットになっています。

Cardiff Castle

Cardiff Castle

カーディフ城は街の中心・モチーフになっており、
ここに来たら必ずここは押さえましょう!!!!

今までの記事で紹介したカナーヴォン城ビューマリス城等とは
建築の経緯が全く異なります。
ここカーディフ城の元になったのは、
1世紀ごろにローマ人によって築かれた砦でした。
そこから長い月日の間に、所有主が変わったり、城の目的が変わりました。

View from Cardiff Castle

Coffee Barker, Cardiff

Coffee Barker

カーディフ近郊出身の友人に教えてもらったカフェを
皆さんにも共有したいと思います。

ケーキやランチ、ドリンクはもちろん、
煉瓦造りで凝ったインテリアが楽しめるところです。
観光地にも程近いので、観光中の一休みにおすすめです。

Wall at Coffee Barker
Inside of Coffee Barker

ウェールズの観光地ばかりのまとめを
9日間続けて更新してみましたが、いかがでしたでしょうか。

場所によってかなり温度差および情報量の差があるのは、
私が写真を撮り忘れたり、
同じ場所に何回も行ったりして知識量の差が生まれてしまってるからなので
どうぞお許しくださいませ。

特にカーディフは、4年もウェールズに住んでたのにも関わらず、
2泊3日の一回しか行ってない&移動が長すぎて、記憶がほぼない。。。。

ですので、カーディフのおすすめスポットがあれば、
むしろ教えてくださいませーーー。

では!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted in Travel - Wales

Conwy and Llandudno

本日はコンウィ(Conwy)とスランディドゥノ(Llandudno)についてご紹介したいと思います。

情報・写真は5年以上古いものが大半ですので、
訪問や観光を予定している場合は掲載している公式ホームページをご確認ください。


コンウィとスランディドゥノは、
以前紹介したバンガーからバスで1時間・電車で30分程度、
ロンドンから来たときに大概乗り換えることになる
チェスター(Chester)から電車で1時間の
海沿いの街です。
※すべて最短での到着時間です。乗り換えの便が悪いので大概はこんなに早くいけないです。

この街二つは比較的小さく、互いに非常に近いので、
同じバスを使ってバンガーから来れるので一日で回れます。

Plas Mawr

コンウィのプラス マウル(Plas Mawr)は、エリザベス朝時代(16世紀)最高のお屋敷です。
ある地主の息子であったRobert Wynnが、
1576年から1585年にかけて自分が築いた富を使って作り上げました。

Inside of Plas Mawr

Plas Mawrはウェールズ語で、
Plasが「ホール、邸宅」Mawrが「大きい、すごい」という意味です。

Kitchen at Plas Mawr

エリザベス朝時代の暮らし(お金持ち)がわかります。

Plas Mawr

Conwy Castle

コンウィ城は、以前紹介したカナーヴォン城やビューマリス城と同じように
イングランド王・エドワード一世によって建てられました。

View of Conwy Castle from Plas Mawr
Inside of Conwy Castle

The Smallest House in Great Britain

名前の通り、イギリスで一番小さい家です。
幅は約1.80m、高さは約3mです。1900年の5月までは人が実際に住んでいたという記録があります。

Me and a Welsh lady in front of the house
Inside of the smallest house

小さすぎて、引いて写真が撮れないので
なんとも言えない見た目ですが、上の写真が家の中の写真です。

Llandudno

スランディドゥノ(Lladudno)は、ビーチ沿いの静養地です。

Promenade

また、「不思議の国のアリス」のモデルになった少女
アリス・リドルが幼少期の夏を過ごした場所であります。

街の至る所には「不思議の国のアリス」のキャラクターの木像が置かれています。
物によっては丘の上にあったり、探すのが大変なので頑張って探してみてください。

Llandudno Pier

夏もしくは天気の良い日に行くのがベストです。
そしてアイスクリームを食べながら、ピアを歩くのが良きです。
(写真は天気が決して良くないですが・・・・)

Forte’s Ice Cream Palourがおすすめのアイスクリーム店です。
約35種類のアイスクリームを提供しています。(状況により種類の減少あり)

アイスクリームだけでなく、ワッフルやクレープ、ミルクシェーキもあります。


早くいつも通りの夏が来て、ウェールズに遊びに行きたいなと思っております。
山と城が見たいぞ!!!!!!!!

ぜひコロナが落ち着いてから、遊びに来てください。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ