Posted in UK Entertainment

The Book of Mormon (ブック・オブ・モルモン)

André-Pierre du Plessis, CC BY 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by/2.0, via Wikimedia Commons

先日のロンドン旅行中にモルモン教こと、
末日聖徒イエス・キリスト教会を題材にしたミュージカル・コメディ
“The Book of Mormon (ブック・オブ・モルモン)”を見てきました。

概要

ウガンダでの2人の若いモルモン宣教師たちの布教を題材にした
ミュージカル・コメディ。

モルモン書を題材に、モルモン教の信念や教義を風刺しています。

モルモン教の本拠地ソルトレイク・シティの布教訓練所で、
若き伝道師たちが世界各地への派遣を言い渡されることになる所から
ストーリーは始まります。

詳細なあらすじは、Wikipediaをどうぞ。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Book_of_Mormon_(musical)

なお、日本での知名度はあまり高くないようですが、
ミュージカルのアカデミー賞こと
トニー賞もいくつか受賞している作品です。

所感

観劇当日、周りを見回してもアジア人がほぼいない、
観光客らしき人が少ない、年齢層も20-40代という感じで
老若男女というより明らかに特定の層に受けているような感じです。

それもそのはず、制作に関わっているのは
過激な描写や社会風刺で有名なアニメ『サウス・パーク』のチーム。

これはかなり好き嫌いが分かれるアニメなので、
同じように過激な描写や社会風刺を好まない人、硬派な年代?は
『ブック・オブ・モルモン』も好まない、そして観劇もしないのではと思いました。

実際観劇して、何回「これ、大丈夫?」と思ったかわかりません。
周りが爆笑している中、自身は若干苦笑いすることもありました。

ただ特定のジョークに苦笑いしても
内容を楽しめるぐらいパフォーマンスと歌が良かったです。

私のお気に入りは”You and Me (But Mostly Me)”と”Man Up”です。

モルモン書を題材に、
末日聖徒イエス・キリスト教会の信念や教義を風刺が中心となってはいますが、
「宗教とは何か」「信仰とは何か」を考えさせられるストーリーとなっています。

私自身はイギリスでクリスチャンに囲まれた生活をしていますが、
意識的にはどちらかというと不可知論者に近いため
信仰・宗教というコンセプトについて、
特定宗教・教義への意識を再考するきっかけとなりました。

また、ある程度モルモン教について知っていた方が
興味深く見れる&ジョークも分かると思います。
でもモルモン教について説明している曲があるので、
分からなくても大丈夫です。ただし、面白可笑しくなので注意。

最近さまざまなミュージカルが
劇団四季やさまざまなプロダクションチームによって
日本語版が作られていますが、この作品は難しいかなと思いました。

この作品は日本語にすると
おそらくジョークが伝わりずらそうなのもそうですが
(日本語版制作チームの腕の見せ所?)
多くの日本人は特定の宗教を信仰しておらず、
お寺・神社に行くし、クリスマスも行うぐらい宗教に寛容なのと、
笑いのツボが違うので、日本で万人受けはしなさそうです。。。

日本で公演することがあったら、何より観客の様子を見たいwww


興味があれば、イギリスの公式ページ
あるいはブロードウェイの公式ページを覗いてみてください。

なお、今回のロンドン旅行関連記事はこちら。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in UK Entertainment

超個人的おすすめ番組(2022 May)

Photo by JESHOOTS.com on Pexels.com

日が長くなって出かけるようにしてるのと、
韓国語の勉強に力を入れてるので
(家にいると仕事を思い出して気が沈むんですよね・・・)
テレビの見る量を通常より減っていますが、
現在見ている数少ないものをご紹介。


Richard Hammond’s Crazy Contraptions

Related Video / 関連動画
  • 放送局: Channel 4
  • ジャンル: Entertainment
  • シーズン数: 1
  • エピソード数: 3〜 ※新番組

あるタスクをクリアするため、各チームに
からくり装置(いわゆるルーブ・ゴールドバーグ・マシン)を作らせ、
勝敗を決めるという番組になってます。

あるタスクというのは、ある種大人の夢みたいなもので、
バスルームを離れずにベットメイキングをするとか、
庭にいながら、別室にいるペットに餌をあげるとかです。

平たい事言うと、
ピタゴラスイッチの「ピタゴラ装置」を豪邸に作らせて、
めんどい家事を装置させる感じです。

制限時間の中で作成しなければならないと言うこともあり、
一部の装置の完成が遅れて試動作ができなかったり、
計算通りに動かなかったりハプニングも満載です。

想像力や科学の勉強になる番組で面白いです。
(毎週物理化学の現象の解説が入ってるみたいです)

DNA Family Secrets

Trailer
  • 放送局: BBC Two
  • ジャンル: Science & Technology
  • シーズン数: 2
  • エピソード数: 12

DNA検査を元に自分のルーツや家族を調べる番組です。

歴史がら人の動きが多い、現在も移民が多いだけでなく
家族の在り方もさまざまで自分のルーツがわからない人がいるようです。

例えば自分の母親は父親のことを話したがらないが
母の色と自分の肌の色が違うことで生きづらかったケースや、
小さい時に父親が捕虜だった時代に
別の女性との間に子供を作ったと言う話を偶然聞いたケースなどです。

もちろん遺伝子検査なのでデータベースに
近いものがなければわからないのですが、
探している相手がすでにデータベースに存在してると
番組の力で連絡を取れるようにしたり、感動ものです。

こういった検査はさまざまな議論を読んでますが、
自分のことを理解するためにも興味深いなと思ってます。

Britain’s Top Takeaways

  • 放送局: BBC Two
  • ジャンル: Food & Drink
  • シーズン数: 1
  • エピソード数: 8 ※新番組

食べ物が好きすぎて、こんなのも見てます。

イギリス全国から評判の良いテイクアウト店を呼び
マンチェスターに住む一般の方に投票をしてもらい
ベストテイクアウト店を決めます。

イギリスの一般的なテイクアウトジャンルごとにやってるので、
ジャンルごとのトップが決まります。

今シリーズのジャンル:

  • フィッシュ&チップス
  • インディアン
  • バーガー
  • フライドチキン
  • ピザ
  • メキシカン
  • ケバブ
  • 麺類

店それぞれカラーがあるので比べるのは難しいと思いますが、
レストラン評論家ではなく、
一般の人の正直な評価が聞けるのがミソです。

インディアンの回は私の隣町?にあるお店が取り上げられていたので
ぜひ行ってみたいと思ってます。


一般向けでないデーティング番組やドキュメンタリー?も
ちょこちょこ見てますが、紹介するには際どすぎるので
遠慮しときますね。

過去の「超個人的おすすめ番組」記事はこちら。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in UK Entertainment

超個人的おすすめ番組(2022 April)

Photo by JESHOOTS.com on Pexels.com

最近は地上波を見ず、
NetflixでRuPaul関連や韓国ドラマを見てばかりなんですが、
今見ている数少ないものをご紹介!


Scam Interceptors

Related Video / 関連動画
  • 放送局: BBC One
  • ジャンル: Crime & Justice
  • シーズン数: 1
  • エピソード数: 15

Googlebox (超個人的おすすめ番組(2021 March)) で知ったのですが、
こういう犯罪関連の番組好きなんですよね。

BBCのジャーナリストが詐欺集団が誰かに詐欺にかける前に
被害者になりそうな人を寸止めで止めたり、
地元で犯罪防止のために尽力する人について紹介してます。

詐欺師がどうやって個人情報を盗むのか、
信じ込ませるのかの心理戦が非常に興味深いです。

Starstruck

Spoiler / ネタバレ注意
  • 放送局: ITV
  • ジャンル: Entertainment
  • シーズン数: 1
  • エピソード数: 7

Ant & Dec’s Saturday Night Takeaway (超個人的おすすめ番組(2021 March))の後に
やっている素人パフォーマンス番組「Starstruck」です。

内容としては、3人の一般人の方が一つのグループとして
憧れの歌手・パフォーマーになりきってパフォーマンスをします。

各グループの一番なりきっていた・パフォーマンスが輝いていた人を決めて、
最終的に今シーズンのベストなりきりパフォーマーを選びます。
(なりきりパフォーマーというとかなりダサいけどw)

ネタバレですがCherのなりきりの方の一人が、
Cherが乗り移ってるかの如く目を閉じても開いてもCherなんです。

あと個人的にはFreddie Mercuryの方もよかったです。

The 1% Club

  • 放送局: ITV
  • ジャンル: クイズ
  • シーズン数: 1
  • エピソード数: 3

100人の一般参加者が最高10万ポンド(≒約1700万円)を獲得するために
さまざまな問題に挑戦するLee Mack司会のクイズ番組です。

その日の最高額を取得するためには、
イギリスの人口1%しか正解できない問題を正解しなければいけません。

日本でもクイズ番組見てる時は一緒に問題解いてるんですが、
問題の解釈を間違えたりしてて、絶対私は1%に到達しないっすww

なぞなぞとかは意外と日本語と同じように解けたりして、
楽しく見てます。

あと、司会がLee Mackで基本おちゃらけてる感じなんで、
変な緊迫感はないのもいいです。


これ以外に新しいシーズンが始まった、
TaskmasterやGogglebox(超個人的おすすめ番組(2021 March))、
Britain’s Got Talentも見てますが、ほぼ気晴らしみたいなもんです。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ