Posted in Travel - Wales

Snowdonia

本日はスノードニア国立公園一帯について
ご紹介したいと思います。

情報・写真は5年以上古いものが大半ですので、
訪問や観光を予定している場合は
掲載している公式ホームページをご確認ください。


スノードニア国立公園は、ウェールズ最大の自然公園で、
イングランド・ウェールズの最高峰「スノードン(高さ1,085m)」があります。

公園内にある各村でできるアクティビティは様々で、
見ることができるスノードンの景観も異なります。

Llechwedd Slate Caverns

スレフエス スレートキャバーン(Llechwedd Slate Caverns)は、
ブライナイ・フェスティニオグ(Blaenau Ffestiniog)の近くにある観光スポットです。

Tram and the Quarry

トラムに乗って、スレートの鉱山に入っていくことができます。
トラムに乗る際は、下の写真のようなヘルメットを被ります。

Mining Helmet

鉱山へトラムで入山以外には、ジップライン(Zip World Slate Caverns)などがあります。

ジップラインの余談ですが、ベセスダ(Bethesda)という村に
スレート鉱山の山々を通り抜ける別のジップラインができたみたいです。
世界で一番早く、高い位置にあり、長いジップラインらしいです。
興味があれば、以下の動画をどうぞ。

Beddgelert

the statue of Gelert

ベスゲラート(Beddgelert)はスノードニアにある小さな村ですが、
忠犬ハチ公ならぬ、忠犬ゲラートの伝説で有名です。

忠犬ゲラートの話は以下の通りです。

このエリアの王であったLlywelyn the Great(スウェリン王)が
ある日狩から戻ると、
自分の子供がいたはずのゆりかごがひっくり帰っており、
自分の相棒の犬のゲラートの口や床が血まみれになっておりました。

これをみた王は相棒であるゲラートが
自分の後継である子供を襲ったと思い、
剣を抜き犬を殺しました。

犬を刺した時の鳴き声の後、王は子供の鳴き声を聞き、
聞こえてきた場所を確認すると無傷の王子の姿と無惨な狼の死体があったのです。

自分の子供を守ったゲラートを盛大に弔った後は、王は一度も笑わなかったと言います。

その埋葬された場所というのがこの村にあると言われており、下の写真が石碑です。

Gelert’s Grave

Llanberis

スランベリス(Llanberis)は、スノードンの麓にある村で
この国立公園でのアウトドアアクティビティの拠点となっています。

ここでの主要観光スポット(一部)は、次の通りです。

私がここでお勧めしたいのは、主要観光スポットではなく、
ご飯やさん。(飯しか紹介しないブログでごめんな)

Pete’s Eats Cafeというカフェです。
山登り前・後の腹ごしらえに最適。お手頃な値段でお腹いっぱい。
10ポンド出したら、余裕でお釣りがでます。

そして、1パイント(約500ml)の紅茶が飲めます。水分でタプタプになれますwwwww
参考までに実際のお店で購入した1パイントのマグがありましたので、
サイズをご確認下さい。

a bottle of rum and a pint mug
カラフルでおしゃれです。山の麓ということもあり、カフェに宿泊施設が併設されています。

Dinorwig

Dinorwig

ディノーイグ(Dinorwig)は、パダーン湖(Llyn Padarn)の近くにある小さな村です。
先ほど紹介したスランべリスにも近いです。

Dinorwig

何があるかと言われると、この自然と景色!!!!!!

あと、ご飯やさん「Lodge Dinorwig」がお勧めです。

Lodge Dinorwig

ホステルが併設されているカフェです。
ケーキとランチが美味しいです。

Lunch – Wraps and chips

ウォーキングの一休みやスノードン入山前にいかがでしょう。
ポツポツとある民家に紛れているので、見逃し注意です。

Snowdon

Snowdon

スノードンの登山ルートは、ルートにより難易度が大きく変わり
あるルートはエベレストに登るためのトレーニングに使われるようです。

Snowdon

スノードンの登山・観光シーズンは、断然「夏」です。
なんなら、先ほど紹介した通り登山鉄道がありますので、登らなくても頂上行けます。

写真を見ていただいてなんとなく分かっていただけたかなと思いますが、
私の初スノードン登山は雨の中「秋」です。
はっきり言おう、初心者ルートであっても雨の中軽い装備で登るもんではない。
登山後濡れネズミみたいになりましたし、アホほど寒かったです。
(自分の名誉のため言っておきますが、「秋にスノードンに登ろう」は私の提案ではないです。)

装備が足りないけど、
スノードン登ろうとかスノードニアでハイキングしようとか考えておりましたら、
スランべリスであれば、アウトドアショップがありますので
必ず寄って装備の追加を検討してください。

せっかくの旅行で怪我したり、風邪ひいたら大変ですよ。


いかがでしたでしょうか。
スノードン・スノードニアはアウトドアが好きな方には断然お勧めです。

次のウェールズ観光まとめでお会いしましょう!!!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Travel - Wales

Anglesey

本日はアングルシー島について
ご紹介したいと思います。

情報・写真は5年以上古いものが大半ですので、
訪問や観光を予定している場合は
掲載している公式ホームページをご確認ください。


アングルシー島は、ウェールズの北西岸に接する島で、
イギリスの中では5番目に大きい島です。

自然が豊かで、このエリアに別荘を持つ人もたくさんいるようです。
また、ウィリアム王子とキャサリン妃が新婚生活を送った場所でもあります

キャンプ、海遊び、観光などできることはたくさんありますが、
バスでアクセスできる楽しめる場所をまとめました^^

Penmon Point

ペンモンポイント(Penmon Point)はアングルシー島の最東端で、
スノードニア国立公園とメナイ海峡の両方を望むことができます。

車で行くと灯台の近くまでアクセスできますが、
公共交通機関だと近くのバス停から30分ほど歩きます。
30分の徒歩は許容範囲内ですよね?

Snowdonia and Menai Strait

ペンモンポイントまで歩いて景色を楽しんだら、
帰る前にエナジーチャージをしましょう。

近くのカフェ「The Pilot House Cafe」の
クロテッドクリーム付きスコーンがとても美味しいです。

Scone with clotted cream and a cup of tea

スコーン食べたら、頑張ってバス停まで歩けますねwww

Beaumaris

ビューマリス(Beaumaris)は、アングルシーにある港町です。
ウェールズを征服したイングランド王エドワード一世が作った要塞の一つ
「ビューマリス城」がある街です。

この「ビューマリス城」は世界遺産に登録されており、
現在はウェールズ政府の遺産保護機関の管轄となっております。

なお、資金不足により、この城は未完成のままとなっています。

カナーヴォン城やその他のエドワード王が建てた城と
形状が異なるのでかなり異なった印象を与えること間違いなしです。

Llanfairpwllgwyngyll

サンヴァイルプゥスグゥインギス(Llanfairpwllgwyngyll)は、
アングルシー島にある村で、
長い形式の名前であるLlanfair­pwllgwyngyll­gogery­chwyrn­drobwll­llan­tysilio­gogo­gochは
(スランヴァイルプールグウィンギルゴゲリッヒルンドロブールスランティシリオゴゴゴッホ)
世界一長い駅名や長い村の名前の一つとして知られます。

地元の人は長い形式の名前やLlanfairpwllgwyngyllと呼ぶことは少なく、
短縮名のLlanfair P.G. (スランヴァイルピージー)で通していることが多いです。
どこ住んでるかについて話す時とか、バス乗る時とか。
まず、毎回毎回”Single ticket to Llanfairpwllgwyngyll, please”って言ってらんないよな。

長い形式の名前は、駅で見ることができます。
こちら駅の表示です。ご丁寧に下には発音の参考用のアルファベットも載ってます。

観光名所になってるので、結構の人が駅を訪れますが
ここはリクエストストップで、車掌さんに前もって言わないと電車を止めてくれないです。
(一部の電車はリクエストストップにもなりませんw)

Souvenir Shop

駅にはかなり大きなお土産やさんもあります。

この村の名前を発音できるようになったら、
ウェールズ人の仲間入りらしいので、発音を勉強できる動画を共有しておきますね(笑)

Red Wharfe Bay

お次は、レッドウォーフベイ(Red Wharfe Bay)です。
アングルシー島の東部に広がるビーチエリアです。

夜ご飯を食べに行くことが多くて、昼間の明るい写真がないのですが、
とても綺麗なところです。

The Ship Inn

シップイン(The Ship Inn)は、
海と船を見ながら、ご飯が食べられるパブです。

最後に行ったのが遥か昔なので、何が美味しかったかは覚えていませんが、
地元の食材を使ったメニューが豊富ですので、ぜひ試してみてください^^

このエリアには、ここ以外にもご飯屋さんがいくつかあったと思いますので、
確認してみてください。


いかがでしたでしょうか?
ぜひリラックスしにアングルシーに出かけてみてください。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Travel - Wales

Penrhyn Castle

本日はペンリン城(Penrhyn Castle)
ご紹介したいと思います。

情報・写真は5年以上古いものが大半ですので、
訪問や観光を予定している場合は
掲載している公式ホームページをご確認ください。


Near Penrhyn Castle’s Gate

現存の建物は、ペンリン「城」と言われていますが、
王や女王が建てた城ではなく、
初代ペンリン男爵・リチャードペナントが所有したマナーハウス/邸宅です。

現在はナショナル・トラストという歴史的建築物の保護を目的とするボランティア団体の管轄となっています。

The Gate of Penrhyn Castle

このゲートから敷地に入りますが、
実際の建物(邸宅)までは5~10分歩きます。

The Manor House

ある程度森の中を歩くとこのような建物が見えてきます。
まだ中には入れません・・・。

From the bottom of the hill

この家族はジャマイカで砂糖のプランテーションを所有しており、
たくさん奴隷を使うことでこの地域に豊かさをもたらしました。

得た富で出来上がったのがこの邸宅です。
中を見るとどれだけ豪華絢爛なのかが更にわかります。

the Entrance Hall
the staircase

チャペル、やたら滅多広い寝室や、
当時ではかなり高価な舶来品などが沢山書いてあります。

また、ペンリン城にちなんだ奴隷制や植民地主義については、
現在進行形で研究を進めているそうです。

初めてペンリン城を訪問した時に
興味深い逸話を聞いたので、概要を共有したいと思います。

建物の窓ガラスの一部に
ラテン語の落書きがあると思われていました。

しかし、ある日一人が
「これはラテン語ではなくて
文法的ミスがあるがイタリア語では?」と指摘し、
落書きの内容が解読できたと言われています。
そして、この落書きの経緯が分かったと言われています。
落書きの内容は次の通りです。

‘essere amato amando’ – “to be loved, whilst loving”
(愛されることで愛される)

謎の内容は、
この落書きがあるのは子供部屋なのですが、
一時的にペンリン一族の次女 アリスの寝室として
使われていた経緯から、
アリスが残したものではないかと考えられてます。

その理由は、アリスが一人の使用人(おそらく庭師)に恋をしてしまい、
それをよく思わない父親が二人を物理的にも離させるために、
離れた塔の部屋にアリスをいさせたのではとのことです。

事実かは不明ですが、
最終的にアリスは芸術家になり、未婚で生涯を閉じています。

かなり掻い摘んだのでちゃんとした内容が気になるかたは、
下記のBBCのリンクをどうぞ。
Penrhyn Castle Alice Douglas-Pennant ‘love story’ uncovered

この逸話を聞いたときに、ロマンチックだなと思いつつ、
「身分があると恋愛だけでなく
いろんなことにおいて自由が奪われるんだろうな」とか、
今の自分のポジションがいかに恵まれているのかを、
考えてしまいました。

ペンリン城を行った際は、
豪華な家具を見るのはもちろんですが、
学芸員さんにぜひ話を聞いてみてください^^
いろんなお話が聞けますよ!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ