Posted in Travel - England

Back to the UK

Instagramにも投稿しましたが、
長距離/長時間フライトが一年以上ぶり、
コロナ禍での初国外フライトでしたのと、
もっと細かく記録したかったのでここでも追記して投稿。

昨日18日からTravel Corridor List(旅行回廊・トラベルバブルとも言われるもの)の
適用が取りやめになったので、
今からイギリスに入国する場合は行動パターンが変わってくると思います。
(平たくいうと特定の国からのイギリスへの入国であれば
一定期間の自己隔離が免除されるというもの。
詳細は上記あるいは在英日本大使館のページをご確認ください)

今回、HND→LHR→MANのルートで
次の理由でビジネスクラスで移動してます。

  • キャリーバッグ2つを安く預ける
  • ソーシャルディスタンスをより良く確保する
  • マイル・ステータスポイントを貯める
  • イギリス国内移動のために体力温存

なお、価格はホントに高かった。
自分へのご褒美感有り。

【フライト直前まで】
予約からフライト当日までに、
自分の都合ではなく、航空会社の都合で
三回ほど予約の変更をしなければなりませんでした。

最終的にはロンドンに一泊して、
次の日の国内線に乗り継ぐ形になりました。ホントにめんどくさかった

問い合わせたところ、
このご時世のため、結構直前にBAは変更とかしてるとのことです。
ロンドン滞在ならあまり気にすることはないと思いますが、
地方に移動する場合は、別の方法はあるのか、移動規制の兼ね合いとか、
フレキシブルに予定を変えられるようにした方がよさそうです。

【国際線フライト】
12/20の国際線フライトは空いておりました。
おそらく搭乗できる人数をまだ制限してるのと、
わざわざこの時期にイギリスに行く人があまりいないみたいです、まあ当たり前か。
大概既に住んでるか、移住予定の人みたいでした。

後述しておりますが、搭乗したのはJAL

マスクはこまめに変えるの忘れずに!
3時間から4時間ごとに変えてくださいと、
BAのウェブページに記載があります。
機内だけでなく移動時にマスク必須なので、
手荷物にたくさんいれといた方が良きです。
私は、3時間ごとおよび食事後に変えました。

国際線のCAの皆さんがとても優しくて、
乗り継ぎのキャンセル関連とか
宿泊予定のホテルの場所を案内していただり、
JAL様々でした。またお世話になります♥️

【入国時】
Passenger locator formというのを
イギリス入国時に見せる必要があります。
私は飛行機へのチェックインぎりぎりで
思い出してやる始末。。。
ロンドン着いてから慌ててやってる人もちらほら。みなさまは忘れないように!

【ホテル滞在中】
Aerotel London Heathrowという
ヒースロー空港ターミナル内にあるホテルを利用しました。

コロナの影響で減便しているためターミナル3と4が閉鎖されていました。
到着したのはターミナル5で、ホテルがあるのはターミナル3。
閉鎖されているため、建物から入って行くことができず、
ターミナル間の無料鉄道を使って移動。

その前に閉鎖しているターミナルに行くので、
到着したターミナルで今日の夕飯を調達。
(でも、Just EatとかUber Eatsを使ってホテルに届けてもらうこともできます)

ターミナル移動の途中で機内でホテルの場所を案内してくださった
CAさんに偶然お会いして、場所の再確認ができました。ほんとに助かった。

一泊とかではなく、公式ホームページでは時間区切りの予約もできますので、
トランジット間のお昼寝とか翌日へのトランジットに備えるには良いと思います。
窓のない部屋に当たってしまうと、自主隔離に利用するには辛いかもしれません。

【国内線フライト】
翌日12/21にBA国内線に乗り継ぎました。
クリスマス直前ということで多くの人が搭乗。
先日の首相のTier 4の制限 “Stay at Home”の声明は何だったのろうか?
完全にホリデーの人いましたけど……

配られた除菌セット

除菌セット?をいただいたので、こまめに手とかテーブルの除菌をしました。
国内線は1時間ですが、食事が出たタイミングでマスク交換しました。

今回の軽食。クロワッサンとマフィン。

BAステータスを得てから
飛行機に乗ると名前呼んでくれて、
「Welcome back」って言ってくれるので
とても好きです(余談)

降機後

BAはステータスを得てから、機内ではそれなりに快適なんだけど、
電話のカスタマーサービスが怒りを通り越して悲しくなるのがね、
残念なんですよね・・

また、私がイギリスに入国した12/20は
イギリス国内でコロナの変異種が確認されたことを公表した日でした。
その影響か、翌日ヨーロッパ・イギリス間のフライトが続々キャンセル。

結果として、
上空に別の飛行機がほぼ飛んでいないので、いつも以上にフライト短め。
かつ、別の飛行機が使用予定ゲートに居続けるため
閉鎖していたターミナルにしょうがなく到着しました。
キャリーバッグ2つとカバン2つをカートに乗せて、別のターミナルへ移動はめんどい

まあ、ある種、多少なりともとばっちりを受けました。

自由に旅行ができるように早く落ち着くといいなあ・・・

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ