Posted in Money and Saving, Travel

Railcard

前回の記事で「Railcard」を持っていると
チケットが安く買えるという話をサラッとしたと思いますが、
今回はその詳細です。


National Rail – Railcard

Railcardとは、特定の条件を満たした人のみに発行される
割引証明カードのようなものです。
£30で1年間最大1/3引きの運賃で、切符が購入できるようになります。

Railcardはいくつも種類があり、それぞれ条件が異なります。
種類と購入条件は次の通りです。

  • 16-25 Railcard (16歳以上25歳未満)
  • Two Together Railcard (自分自身と特定の1人が一緒に旅行する場合)
  • Family & Friends Railcard (大人と一緒に子供が一緒に旅行する場合)
  • Senior Railcard (60歳以上)
  • Disabled Person Railcard (電車の移動を難しくするような障害がある場合)
  • Network Railcard (16歳以上の人がSouth Eastエリアを移動する場合)
  • Veterans Railcard (イギリスの退役軍人)
  • 26-30 Railcard (26歳以上30歳未満)
  • 16-17 Saver (16歳及び17歳)


Veterans Railcard以外は
イギリスにYMSや旅行、移住で来た日本人に
一つは申し込み可能なものがあるのではと思います。

また、自分にベストなRailcardは、公式ホームページで診断できます。

そしてRailcardのメリットは、運賃の割引だけではありません。

National Railの提携先での割引や特典が受けられます。
提携先の例は以下の通りです。

  • YHA (ユースホステル)
  • 劇場
  • Virgin Experience Days

Railcardの種類によって提携先は異なりますので、
各ページの「Offer」をご確認ください。

Railcardの入手・受け取り方法

Railcardの入手・受け取り方法は、以下の通りです。

  • 駅のチケット窓口で申込書を提出し、代金を払う。
    その場でRailcardが受け取れます。
  • National Railのページで購入し、郵送してもらう。
  • National Railのページで購入し、アプリに入れる。

旅行及び短期滞在などの国内アドレスがない場合は、
アプリか駅のチケット窓口での購入のオプションに限られます。

ただし、一部には3年有効なRailcardがありますが、
3年間有効なRailcardはオンラインでの取り扱いのみとなってます。

Railcardを買うべき距離や乗車頻度

購入前に最低どれだけ電車を使うか、
交通費はいくらになるか試算して、
Railcard分の£30を大きく超えたときは買い時です。

以下、Railcardの購入是非の判断基準の参考として、
ロンドンからスコットランドへ電車で
一回でも往復する場合はあったほうがベター。

もっと短い距離で言うとロンドン・ウェストヨークシャー間を
1回往復する場合もRailcardがあったほうが良いです。

ミルトン・キーンズやブリストルへの一回往復は
Railcardの恩恵はほぼないです。
ブリストル – ロンドン間 Off-Peak Return: £57.25 (£86.80)
ミルトン・キーンズ – ロンドン間 Off-Peak Return: £13.85 (£21.00)

ただ、ここまで読んでいただいて、
もしかしたら「短期滞在や旅行でも本当にお得なの??」と
疑問に思われている方がいるかもしれないので、
私の昔の実例をご紹介させていただきます。
※()がRailcardなしの運賃。Railcardの有無関係なく価格は2021年3月調べです。

ある時の一ヶ月のイギリス滞在

  • マンチェスター空港 – 北ウェールズ間 Off-Peak Return: £34.55 (£52.40)
  • 北ウェールズ – ロンドン間 Off-Peak Return: £69.65 (£105.60)
  • 北ウェールズ – リーズ間 Off-Peak Return: £59.65 (£90.40)
  • ブラッドフォード – リーズ間 Anytime Single: £2.35 (£3.60)

Railcard有の交通費: £166.20
Railcard無の交通費: £252

Railcardが年間£30なので、
実際に節約できた金額は£55.80です。

実際はこれ以外にも電車に乗っている記憶があるのですが、
データがないので確認できませんでした。

もちろん、上記の運賃試算は、
「チケットを分割」するトリックを使ってないので、
分割するとまた運賃は大きく変わりますので注意です!


参考になりましたでしょうか?
ぜひRailcardを使って、
お得に切符を買っていただければと思います。では!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Travel - England

WY Metro and MCard

まだロックダウンでどこに行ける訳じゃないんですが、
就職活動の一環でこの地域一帯の通勤事情と
通勤コストについて色々インプットしています。

あまり需要はないかもしれませんが、
アウトプットさせていただきます。

ハダースフィールド・リーズ・ブラッドフォード近郊にお住まいの方、
移住予定の方にはお役に立てるかもしれません。


私の住むウェストヨークシャー一帯は、
複数のバス会社及び鉄道会社がサービスを提供していますが、
West Yorkshire Combined Authorityという地方自治体が、
WY Metroという名前で一帯の交通情報及びサービス管理しています。

サービスカバー範囲は、ウェストヨークシャー内です。
しかし、ウェストヨークシャー外だがカバー範囲に含まれる街もあります。
e.g. ハロゲート(Harrogate)

Metro Map

バス・電車の乗り方

バス・電車の乗り方は、次の通り。

  1. 乗車前にチケットを購入します。
    この方法が乗務員さんを煩わせることなく、
    小銭を用意する必要がなくシンプルです。
    ※チケットの購入の仕方は本記事の後半で。
  2. 必要に応じて電車・バスを止めます。
    必ず止まる停留所や駅はしなくてOK。
    (電車・バスに向かって、手を横に出します。下図参照)
  3. 乗車前に切符・チケットを購入していない場合は、
    乗務員の指示に従い、購入します。
    コンタクトレスでの支払いがおすすめ。
  4. 目的地までの移動をお楽しみください。
Photo by Mail Online *1

*1 “The stations so tiny you have stick out your arm to stop a train: New book explores Britain through its railway request stops”

チケットの種類・買い方

チケットの買い方は、さまざまです。

  • (電車) 駅で自動券売機もしくは窓口で購入。
    これが一番間違いないです。
  • (バス) 乗ったバスで運転手さんから買う。
    間違いないです。ただ割引等のオプションはほぼないです。
  • (電車) 乗った電車で乗務員さんから買う。
    自動販売機がない、
    もしくは窓口が空いてない無人駅の場合にできるパターンです。
    乗務員さんが捕まらなくて、
    無賃乗車にならないように気をつけてください。
    無賃乗車になると、
    見つかった際次の駅で降ろされる+
    罰金として倍以上の切符代を請求されることになります。
  • (電車・バス) 利用するサービスオペレーター(バス会社や鉄道会社)から
    前もってアプリやオンラインを使って購入する。
    物によっては特定のオペレーターしか使えないなどの
    縛りがありますが、割引率が高いです。
    e.g First(Bus), Arriva(バス)やNorthern(電車)
  • (電車・バス) MCardを利用する。

MCard

MCardとは、何かと言いますと、
ロンドンでいうオイスターカード、
日本でいうPASMOやSuicaなようなもので、
上記のサービスエリアのみで使える交通系パスです。

MCardは、ウェストヨークシャーの交通機関
ほぼ全ての交通機関で使えるため
一度チケットを購入し、カードにロードすると、
特定の期間は電車・バスが乗り放題になります (ただしチケットの条件による)

ただし、ホワイトのMCardは、パスモと同じように
使う前にチャージ(イギリスでは「Top-up」と言います)し、
使うたびに運賃がカードから引かれるのであまりお得感はないかと・・・

MCard (Pink)

私も一枚入手しました。

カードにもそれぞれ種類があり、
カードによって購入できるチケットや割引の内容が異なりますが、
大概の人は写真のピンクのMCardか
ホワイトのプリペイド式のMCardを使うことになると思います。

MCardのチャージの仕方は、
携帯のアプリ(i.e. MCard)でチケットを購入し、NFCを使ってカードにロードする方法か、
自動販売機でチケットを購入し、カードを読み取らせる方法と、
そもそもカードを使わず、
携帯のアプリ(i.e. MCard Mobile)をカード代わりに使う方法があります。

MCard Mobile: 携帯のアプリをMCardとして使う。ロードする必要がないです。

※MCardとMCard Mobileはあくまでアプリの目的が違うため、
ダウンロード際は自分がどちらが必要なのか確認してください。

私のようにMCard Mobileを使わない、
カードが良い方は次の方法で入手できます。
かっこの中がカード自体のコストです。

  • バスステーション(Bus Station Travel Centres) – ホワイト”PAYG”(無料)
  • Payzone取扱店 – ホワイト”PAYG” (£2)
  • オンライン&郵送 – ピンク(無料)

どこに行くのか、どれだけ頻繁にバス・電車を利用するか踏まえて、
上手に電車・バスチケットを購入してください!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ