Posted in Food

家でSUKIYAKI (すき焼き)

地方都市郊外に住む私たちは
外食でおしゃれなとこに行くというオプションがないのもありますが、
私も夫も料理を作るのが好きで、
「なんらかの理由で外で食べれないなら、作れば良い」
というスタンスなので、今年の記念日は豪勢に家で!

結果として、イギリスで買えるものを使ってすき焼きを作りました。

すき焼き

こちらが材料です (カッコ内は購入場所。)

材料

Ingredients for Sukiyaki
  • 白菜 – Chinese Leaf (Sainsbury’s)
  • うどん – Udon noodles (Sainsbury’s / ASDA)
  • 豆腐 – Tofu (Sainsbury’s)
  • 人参 – Carrots (Sainsbury’s)
  • ねぎ – Spring Onions (Sainsbury’s)
  • 玉ねぎ – Onions (Sainsbury’s) ※写真撮り損ねた
  • たまご – Free range eggs (Sainsbury’s) ※写真撮り損ねた
  • しいたけ – Shiitake Mushroom (Sainsbury’s)

割り下用のこれら。

  • 砂糖 – Sugar (ASDA)
  • 醤油 – Soy Sauce (Natural Natural)
  • みりん – Mirin / Cooking Sake (Sing Kee)
  • 料理酒の代用としてシェリー – Sherry (Sainsbury’s)

あと、別日に購入したこちらも。

  • しらたき – Shirataki Konjac Noodles (Amazon)
Shirataki Noodles

そして、メインのお肉は・・・!

  • 上州和牛 すき焼き用 – Rib-eye For Sukiyaki (WASO)

WASOの和牛

Frozen Japanese Wagyu

購入当時日本政府が
おそらく和牛の知名度アップと購買者を増やす目的の
和牛キャンペーンをやっており、
参加しているお店で和牛を買うと、
もう一つタダでもらえるというものでした。
いわゆるBuy One Get One Freeです。

以下のリンクから和牛を買いました。
現在はキャンペーンが終了しておりますが、
好評であればまたあるのでは?とのこと。
https://thewagyu.uk/

正直このキャンペーンがなければ、
和牛を自分のお金で買うことがなかったと思います。
そういった意味ではこのキャンペーンは私の購買欲を駆り立てました。
(あと結婚記念日が近かったのもある。)

そして、梱包方法も環境に優しいもので好感が持てました。
外のビニール袋はリサイクルできるもので、
中の断熱材は100%ウールでコンポストにできるとのこと。

Eco Friendly Packing

また、ほぼ同時期に生鮮食品を扱うSoldeliも
同じキャンペーンに参加していたようです。

関連記事


割り下のレシピはhttps://mi-journey.jp/foodie/14623/を使いましたが、
料理酒はシェリーを代用しました。

硬めの材料だけ先に火を通しましたが、
あとは肉を除いてまとめて煮込んでます。めんどくさいから

ある程度火が通った後にお肉を足して、固くならないようにしました。

完成品

我が家は小型コンロがないので、
ギリギリまでキッチンで加熱していただきました。

薄切りでも安いのだと噛みきれないとかありますが、
ちゃんと噛み切れるしお肉が甘い!!!とても美味しかった。

今回で買ったお肉を食べ切らないように自制したので
残りはさらに大事に食べたいと思います。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Food

Sainsbury’s – クリスマス限定商品レビュー 2021

クリスマスまで1週間を切りましたね。
それに伴って、私の食欲と好奇心も加速!!

私の推しスーパーマーケットの一つである、
Sainsbury’s(セインズベリーズ)のプライベートブランド商品を
色々試してみたので記録してみましたよー。

※プライベートブランド商品は、
小売店や卸業者が企画の段階から商品開発に参加し、
独占的に商品を販売することができるものです。
例) 西友の「みなさまのお墨付き」やイトーヨーカドーの「セブンプレミアム

Wholegrain Christmas Pudding Wheats

Wholegrain Christmas Pudding Wheats

一年振りにクリスマスプディング類を食べたからか、
肝心の「クリスマスプディング感」は分からなかったです。

味はスパイスとフルーツ(甘味)がしっかり感じられたので、
Wheatsシリアルの中で断然食べやすいと思いました。

(内容量: 500g / 定価: £2.20)

Taste the Difference: Iced Rich Fruit Cake

Iced Rich Fruit Cake

Nectarポイント(イギリスのポイントカード)が貯まるし、
フルーツケーキの季節 i.e.クリスマス なので、
何気に買ったのですが、これが美味い!!!!!

買ったの私なのに、夫の方が気に入って
家に帰ってきた後のティータイムに一人で食べている始末です。

フルーツ感がしっかりしてるけど、ブランデーの風味も味わえます。

もちろんフルーツケーキなので、1日ひとスライスで十分です。
1日に何切れも食べる代物ではない。

Taste the Differenceのシリーズはほぼ間違いないっす。
※Taste the DifferenceはSainsbury’sのプライベートブランドの一つで、
品質や味にこだわったワンレベル上のプライベートブランドになります。

(内容量: 400g / 定価: £4)

Taste the Difference: Mini Mince Pies with All Butter Pastry

夫が週1ペースで手作りミンスパイを焼くし、
かつ義母がこの前来たときに手土産でミンスパイを持ってきたので、
現在家にミンスパイだらけなのですが、食べ比べのため購入www
(そもそも、なぜこの親子はミンスパイばかり焼くのか。)

今まで食べた既製品のミンスパイの中で
一番甘さ控えめかつ、バター生地がしっかりして、
甘すぎず食べやすいと思います。パイそのものを楽しめるかと。

あと、中のミンスミートが細かく刻まれていないので、
ほどよく食感も楽しめます。

私の推しポイントとしては、
握り拳の半分ぐらいのサイズなので、
仕事中のおやつにも良し。

既製品が甘すぎることが多いので、
実は夫か義母が作った甘さ控えめミンスパイしか食べないんですけど、
これなら食べれる。なんなら物足りないぐらい。
今日は一人で3個とか食べるところだった。あぶねえ。

(内容量: 9個 / 定価: £2 → £1.50[現在値下げ中])

Taste the Difference: Mulled Wine

Mulled Wine

元々買う予定ではなかったのですが、
去年義叔母が「Sainsbury’sのMulled Wineが美味しい」と言っていたのと、
夫が同僚にクリスマスプレゼントとして持ってきたいとのことで、
ついでに自分達の分も購入。

頼まれた日に偶然遅番だった私が、
朝9時にスーパーへ行き、ワインを4本購入。
店員さんの目が「この東洋人、
朝からワインだけ4本買ってるよ」って目だったので私複雑。

Taste the differenceではないSainsbury’sのものもあるのですが、
今年はあんまり前評判が良くないみたいなのでこちらを購入。

シナモンなどのスパイスの香りがしっかりありますが、
フルーツの甘味がして飲みやすい。
しっかり温めると更に香りが立ちました。

ワイン感は他のものより薄いかと思います。

元々グリューワインはワインが苦手な人でも飲みやすいものだと思いますが
これはお酒、特にワインが苦手な人でも更に飲みやすいです。

ほぼワイン飲まない夫婦二人で、
「美味え、美味え」言いながら、飲みました。多分買い足します。

(内容量: 750ml / 定価: £5)


近くにあるスーパーがSainsbury’sとASDAなので、
LidlやAldi、Morrisons、TESCOのクリスマス商品は一切チェックできてないんですけど、
ちょっと覗いて試してみたいです。

まあ、スーパーで散財する予感しかしないんですけど。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Shopping

SmartShopを使ってみる

イギリスの大手スーパーマーケット「Sainsbury’s(セインズベリーズ)」の
「SmartShop(スマートショップ)」を使ってみました。

スマートショップは、お客さん自身が
自分のスマホあるいは提供された端末を使って、
商品をスキャンしながら買い物をする、新しい買い物方法です。

この方法だと、専用レジで決済をするだけになるので、
待ち時間が減るというのがメリットなんだとか。

日本でいう、最近イオンが始めた「レジゴー」に近いと思います。


1. SmartShopを使う準備

自身のスマートフォンを使って行う場合は、
あらかじめ専用アプリをダウンロードしておきます。

下のリンクから、アプリがダウンロードできます。

https://help.sainsburys.co.uk/help/products/smartshop-faq

画面の指示に従って、
IDの作成及びNectar(Tポイントやポンタ的なポイントクラブ)のログインをします。

イギリスのポイントカードの話は、イギリスのポイントカードをどうぞ。

私の近くの店舗は
お客さんが使える専用端末の扱いがないので、専用端末の話は割愛。

2. 実際に買い物をする

手に取った商品をアプリの指示に従って、
バーコードをスキャン。

そして、そのまま自身の買い物バックへイン!でOK。

SmartShopのメリットは、
レジでのスキャン待ちが少ないのもメリットなんですが、
それ以上に、ポイ活&少しでも安く買いたい人にメリットがあります。

下の画像の中央に「My Nectar Price」というのがあるのですが、
Nectarカードを持ってる人がSmartShopを使うと、
一部の商品が安くなるというものです。

例え、一つの商品の割引が50ペンス程度であっても、
ちりも積もればということで、気になる方には大事です。
1円を笑う者は1円に泣くじゃないけど、
1ペンスを笑う者は1ペンスに泣く的な。

袋に入れた商品のスキャンが終わったら、
レジへ。

画面の指示に従って、
レジのバーコードをスキャンし、支払いで終わりです。

レジでスキャンしなくていいので、いつもより早い(気がします)

YouTubeに導入トライアルのイメージ映像があったので、
ここに置いておきます。

所感 (メリットとデメリット)

メリット

  • スキャンしながら袋詰めができるので、レジでの時間が短縮
  • SmartShopならではのオファーがある

デメリット

  • スキャン忘れがめちゃんこ怖い。
    いつかスキャン漏れをしでかしそうでドキドキするwww
  • NectarのSaved Offerの反映が通常のスキャンの倍以上かかる
  • 決してアプリが使いやすい訳でもない

SmartShopの初利用で総額から£5引きというクーポンがあったので、
まんまと割引に釣られた訳ですが、
よっぽど心が惹かれるオファーがない限りは
通常のセルフレジでいいかなと思いました。だってめんどくさい

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ