Posted in Travel

Tile (タイル)

Tile

ヨーロッパ旅行で預け荷物が行方不明になるケースが
昨今の情勢の影響か多発しているようで、
多くの人がAirtagをおすすめしています。

しかし、私は筋金入りのアンドロイドユーザー。

Airtagを使うために
Appleに魂を売らんぞということで(どういうこっちゃ)、
Androidユーザーでも使えるトラッカー「Tile(タイル)」を
日常で・旅行中に使ってみた。

Tileとは

カギや財布といった大切のものにつけることで、
スマホアプリと連動し音やGPSで場所を特定できるというものです。

日本でも売っていて、日本の規模拡大を狙ってか、
日本各地にもアクセスポイントがあり、
タイルユーザーのネットワークだけでなく
駅やタクシーのポイントを使って
落とし物が見つかる可能性もあります。
https://thetileapp.jp/

購入品の Tile

Mate Essential 4-pack

私が買ったのは「Mate Essential 4-pack」という、
カードタイプのもの1点と後にテープがついたのが1点、
四角形のキーホルダーを付けられる穴付きの2点でトータル4点セット。

入っているものは3年ほど電池が持つもので、防滴です。

Tile のメリット

  • 最後に検知した場所を確認できる
    → 無くした・落とした可能性ある場所を推測できる

預け荷物につけて受け取り時にスマホが反応しなかった場合は
飛行機に乗らなかった可能性がわかる。

  • 世界中のタイルユーザーが見つけたら、お知らせを受信
    → 普通に無くした時より見つかる可能性が高い

同じように預け荷物につけていたケースの場合であれば、
見知らぬタイルユーザーが近くにいたら場所がわかる。

  • 端末用の通信契約や電池消耗量を気にしなくて良い
    → 登録したスマホに依存して位置情報を確認するため(Bluetooth使用)、
    通常のGPSトラッカーのように端末の通信環境を用意する必要があるのと、
    トラッカー端末から通信をし続けるためバッテリーが持たない可能性がある。
  • iOS・Android両方に対応

Tile のデメリット

  • GPSがついてない。
    → AirtagやGPSトラッカーと違い地球の裏側に行っちゃって、
    タイルユーザーが近くにいない場合は行方不明。

一番のデメリットはこれかもしれない。

所感

今回の旅行ではヒースローが荒れまくってたので、
結局荷物を預けないようにしました。
というのも短期滞在なので荷物が見つかったときには
イギリスに帰ってきててという最悪のケースも考えたからです。
なので、正直ロスバゲ対策にはどうかはちょっと分からないです。

でも、お土産を移動中の電車に置き忘れかけた、
傘をチェックインカウンターに置いてきたなど
置き忘れの前科が複数ある私にとっては、
「あれ、もしかして忘れた?どこかに置いてきた?」という時に
カバンをごそごそしなくても
アプリで確認できるので、安心材料となりました。

一方、日常使いにはバッチシかと思います。
携帯や鍵を家のどこに置いたのか分からなくなったときは、
音を頼りに探せるので右往左往しなくても探せます。
探す時間が確実に減りました。

先日も携帯を家の中にどっかおいて、
タイルのボタンを押して探しました。
いつもだったら、うろうろするか、
夫に電話かけてもらって探すのでまま時間がかかってました。

あと、お出掛け時に子供の腕に
AirtagあるいはTile(トラッカー)を着けるという使い方もあるようです。
迷子になった時や自分から離れてしまったときに
場所を確認するという、まあ時代的です。
リスボン旅行中に複数の家族がそのような使い方をしてるのを見ました。


↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Uncategorized

友人作りって? – Bumble

みなさん、大人になってから
友人作りってどうしてますか?

社会人になってから知り合って
交流が続いているのは一人ぐらいで、
それ以外の定期的に会って
ご飯に行く友人・知人はできないでおります。

学生の時も決して得意ではなかったのに、
20代になって一際友達作り・ネットワークづくりが
難しくなったとなあと思っています。

そして、コロナ禍でイギリスに引っ越すという
なかなかな偉業をしてしまったので(笑)
余計友人作りに苦戦しております。

本日は、かなり内向的で人付き合いが苦手なShoko presents
友達作りアプリの「Bumble」の使い方とレビュー です。

同じように人付き合い苦手族の方には、
もしかしたら参考になるかもしれません。
Bumbleそのものに興味がある場合も、
どうぞこのままお付き合いくださいませー


さて、Bumbleとは何か。

Bumbleはアメリカ発のソーシャル・デートアプリです。

創業者のWhitney Wolfe Herdは、
元々Tinderの共同創業者でしたが、
セクシャルハラスメントや性差別をきっかけに離れ
(のちに訴訟してます)、
自身のプロジェクトを立ち上げました。

彼女の経験から、
このアプリはマッチしても、
女性から最初のアクションを
起こさなければならない仕様になってます。
(女性同士のマッチの場合はどちらからでもメッセージを送れます)

つまり、マッチしても男性側から
先にメッセージを送ることができないので、
性的な写真を最初から送りつけられたりなどリスクを
少しでも減らすことができます。

また、TinderはHookupとかまあ、
カジュアルな関係を構築することがメーンかと思いますが
(もちろんそうじゃない人もいるとも思います)
Bumbleには次の3つのモードがあります。

  • パートナーやデート相手を探す「Bumble Date」
  • 新しい土地で友人を探す、あるいはネットワークを広げる「Bumble BFF」
  • ビジネス目的でコネクションを探す「Bumble Biz」

モードを切り替えたり、一部モードをオフすることができるので
ガールフレンドを探している人のメッセージ等
不要なものが入ってくることはないです。
私は既婚者なので、もちろん「Bumble BFF」のみ使っていますw

まず、使い方はFacebookか電話番号で登録し、
使用するモードを選択、プロフィールを作成します。
名前、宗教、星座、飲酒頻度や
質問などを好きなように組み合わせます。

作成したら、自分の場所情報に基づいて
近くに住むユーザーが表示されるので
いいかもと思ったら「右へスワイプ」
合わなさそうと思ったら「左へスワイプ」します。

私はパーティーアニマルぽい人はすぐ左にしちゃいますが、
プロフィールをちゃんと読んだ方が
同じ趣味の人を見つけやすいかと思います。

マッチすると、下のような画面が表示されるので
自分からメッセージを送ってもよし、
相手から来るのを待ってもOK。
(男性の場合は、ひたすら待ってください)

Matched!

注意点としては、マッチしてから24時間以内にメッセージを送るか、
送られてきたメッセージに返信してあげないと、
マッチが無効になります。

1ヶ月ぐらい使っていますが、マッチしたのは15件ぐらいです。
しかし、お恥ずかしながら、
うっかり無効にしたマッチがいくつかあります・・・

やりとりがちゃんと続いてるのが2人ぐらいで、
マッチしてすぐ「ピクニック行かへん?」
送ってきた方が他に1人おりますな。

私マメじゃないんで、
正直携帯のメッセージのやりとりってめんどくさいんですよ。
だけど、怖い世の中なので、
会う前に少しひととなりを理解したいと思うんです。

だから、1回目のメッセージのやり取りでピクニックって・・・・

「あなた、本気なん????」って思っちゃう訳ですよ。

どうすんのよ。私がパーティ野郎で、
ソーシャルディスタンスなんてガン無視なアホだったら、って。
(実際の私は、
パーティとかナイトクラブとは無縁の人生を送ってます)

そもそも、うちの旦那は教育機関で働いてるので、
またコロナをいつもらってくるか分からない。

ルールではレクリエーションを目的とした2人でのピクニックや
ベンチでのコーヒーはOKとはありますが、ね。

心から彼女が心配になります。

この時点で多分ピクニックの彼女は
会わない&合わないかと思います。。。

結論: マメでフットワーク軽い方なら、おすすめです。

あと、巡り合わせ次第感否めないです。


私アプリ向いてないんじゃない?

やっぱりあれだな、趣味のグループとか入った方がいいな。

何かおすすめの方法をご存知の方、
友人に立候補してくださる方がいらっしゃいましたら、
是非ご連絡ください。
何卒よろしくお願いいたします。

Bumble — 恋人を見つける&ネットワークを作る

Bumble — 恋人を見つける&ネットワークを作る

Bumble Holding Limited無料posted withアプリーチ

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ