Posted in Travel - Europe

Eurail-ing with Partner (12)

移動日です!そして、今回の振り返り企画最終回です!!!
やり始めたら、思ったより長かった。
数日のつもりがほぼ毎日一つづつ記事を更新。若干燃え尽きた感ある。

朝早くにハンブルクで電車に乗り込み、
予定ではライネという駅で乗り換えの予定でしたが、
まさかのメンテナンス?および遅延発生。

電車のアナウンスが英語でもあったので、
オスナブリュック駅で乗り替えを決行。
駅構内で15kgオーバーのバックパックを背中に走った。
が、後続電車も遅延している奇跡。駅の写真も奇跡的に撮れました。

電光掲示板

すでに乗る電車をTravel Diaryに書いていた場合で
電車遅延により降車駅を変更した際は、分かりやすく書き換えましょう。

ドイツからオランダに入った直後の車窓から
この電車に乗ってドイツからオランダへ

次の日に日本に帰る予定で空港にホテルを取っていたので、
アムステルダム中央駅からそのままスキポール空港へ向かいます。

10/29の実際の移動ルートは以下の通りです。
07:46 Hamburg HBF (ドイツ・ハンブルク)
→ Osnabrück HBF (ドイツ・オスナブリュック)
09:53 Osnabrück HBF (ドイツ・オスナブリュック)
→ Amsterdam Centraal (オランダ・アムステルダム)
13:53 Amsterdam Centraal (オランダ・アムステルダム)
→ Schiphol Airport (オランダ・スキポール空港)

トータル7時間ほどの移動です。

この日は実は旦那の誕生日だったのですが、
一度苦し紛れに言い訳をし、
空港でケーキとバースデーカードを一人で探し回るという暴挙に出ました。

意外とどうにでもなるということが分かりましたが、
まあ空港でバースデーケーキを買おうとするのは辞めましょうww
種類が少ないか、オプションが全くない可能性があります。

追記: アムステルダム中央駅のスターバックスの店内が綺麗だったので、
電車を乗る前にちらっと立ち寄っても良いと思います。

駅構内に入って、2階にロゴにあるのですぐ見つかると思います。

まとめ

今回の旅行は私にとって初が実はたくさんつまっておりました。

  • 一回の旅行で複数の国を回る
  • 鉄道で国境越え
  • 私たち夫婦一緒に海外旅行(イギリスでも日本でもない第3国へ)
  • 国際線でビジネスクラス乗る
  • キャリーバックではなく「バックパック」を使用

ヨーロッパ諸国に対して新しい発見はもちろんのこと
旦那は思ったより頼っても大丈夫だなとか(笑)、
こいつやっぱり私以上に雑だなとか(笑)、
旦那に対して新たな発見があったような気がします。

先人が言った通り、
結婚する前に一度パートナーと海外旅行行った方が良いのではと実感しました。
婚前旅行はどうなのとか未だ言われてますけど、私個人はお勧めします。
兎にも角にも、成田離婚ならぬ、スキポール離婚にならなくてよかった(爆)

帰国直後に私がツイートした本旅行の良い点・反省点に追記して、
締めたいと思います。

良い点:

  • 2週間でほぼ現地の食べ物のみを食べた(1回だけマック)
  • BAステータスが上がった
  • 鉄道で国境を越えるエキサイティングな経験
  • 旦那について新たな発見・理解を深められた
  • 第3国での電車の旅も悪くないことがわかる
  • 東京の喧騒・俗世界から離れ、今後を考えることと振り返りの時間が持てた
  • クリスマスカード・プレゼントの準備が二人で出来た
  • ぶっちゃけ電車の遅延ぐらいは怖くない

反省点:

  • 行った都市・国が思ったより物価が高かったので、出費がすごい。
  • 英語以外の現地の言葉の勉強が足りない
  • コミュニケーション能力のなさの露呈
  • 急に決めたとはいえ、計画性がほぼなし(今思えば、よくできたよな)

次はフランス・スペイン・ポルトガル等を回りたいなと思いを馳せつつ
Brexitとコロナでいつになるか分かりませんが、ひっそり待っていようと思います。

出かけられないので、また前の旅行の振り返り記事を書きたいなと思ってますが
当分は変わり映えのしない日常について綴っていようと思います。

12回ほどの連載、お付き合いいただきありがとうございます。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Travel - Europe

Eurail-ing with Partner (3)

Eurail-ing with Partner (2)の続きです。
今回もEurailは使ってませんが、鉄道に乗ってちょっと郊外まで行ってます。

Amsterdam Central駅から電車で20分ほどの
Zaanse Schans(ザーンセ・スカンス)」という
古い風車や歴史博物館があるエリアが今回のメーンです。

電車に乗る前に駅を探索。

Amsterdam Centraal Station

そして、駅構内で見つける怪しい自動販売機。

軽食が買える自動販売機風な無人販売機。
購入口の裏が商品を入れる口になっているようです。

Google翻訳と格闘したのち、私たちは「Frikandel(子羊の挽肉?)」を購入。
コンタクトレスも使えるらしいのですが、
外貨手数料がかかるのが嫌で意地でも小銭で支払い。

パートナーとシェアしつつ、美味しくいただきました。
あーでもないこーでもないと言いつつ電車を待つ。

この電車に乗りました。

目的地の最寄り駅に到着。
目的地のザーンセ・スカンスが駅名に入っているので、乗り間違いはないかと。

駅から数分歩くと、複数の風車が見えてきます。

橋の上から
駅からザーンセ・スカンスまで歩いた道にある風車

エリア内に入ると記念撮影をしたりして過ごす観光客がたくさんいます。


一部の風車は内部が公開されています。

ザーンセ・スカンス内には有名な木靴の展示もあります。

木靴を作る機械
木靴の飾り

木靴の展示がある建物の近くには、フォトスポットもあります。
私たちも写真を撮りました。Eurailの公式Instagramにも公開してもらってます。

チーズの展示や販売場もありますので、チーズ好きにもおすすめです。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Travel - Europe

Eurail-ing with Partner (2)

前回「Eurail-ing with Partner (1)」の続編でございます。
アムステルダム市街地を散策している緩い内容となっております(いつもでは?)

前日の長旅ゆえに昼頃からの遅めのスタート。
まず、腹ごしらえから。偶然見つけて、入ったカフェ・レストラン。

場所は、アムステルダム中心 “Centrum”にあります。

Bal Gehakt Met Frites (Meatballs with fries)
Bitterballen
Mint Tea

写真のオランダ料理を頼み、旦那とシェアしました。
TripAdvis○rを見ると、私たちが行った同時期に
店員がすごい失礼だったとか書いてありましたけど、
私たちは特に不快な思いはしなかったですかね。
まあでも、値段の割りにポーションは少なかった記憶があります。
(店員さんのサービスは日本以外では基本的に期待していないので、
今回は何も思わなかったかもしれませんが。)

腹ごしらえを済ませ、また散策へ。

散策終了後、早めにホテルに戻って、夕食にしてます。
アムステルダムでの探索はまだまだ続きます。Eurailの使い方もまだ先の話。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ