Posted in Money and Saving

Shopmium

毎日の買い物が最大£50*の節約になるかもしれないアプリ
「Shopmium」を紹介します。*Shopmium独自調査


Shopmiumはスーパーが提示する特定商品を買って、
買った時のレシートとバーコードを撮って送ると、
キャッシュバックされたり、抽選に応募できるサービスです。

2011年にフランスで立ち上がり、
4年ほど前にイギリスに上陸しました。

今ではネスレ、ハイネケン、ダノンなどの大手ブランドが
このアプリに関わってます。

このアプリは、ブランドやメーカーが自社商品を
直接消費者に「なぜこれを買うべきなのか」を
アピールできる場になっています。

キャッシュバックや安く買えるということで
商品に興味を持ってくれるかもしれませんし、
安く買えるから買った消費者が
今後の固定客になる可能性だってあるわけです。

つまり、これは一種のマーケティングの一環で、
Shopmiumは企業が出している広告費を使って、
キャッシュバックをしているわけです。

実際CMで気になっていたものの
単価が高くて買うつもりがなかったが、
Shopmiumで見て安くなるから買った商品がいくつかあります。
ケフィアヨーグルトとか、ちょっと高めのヨーグルトとか!
(まさかの全部ヨーグルト)

私はまんまとマーケティングに乗せられてる訳ですが、
安く商品を試せるからいいのです!!!

ちょっとあれ気になるけど、安くならないかな?
なんでもいいけど少しでも安く買いたいんじゃー!
どちらの方にもおすすめです。


使い方

使い方はとても簡単。

  1. アプリをダウンロードして、キャンペーン商品を確認します。
  2. キャンペーン商品を購入します。買った時のレシートは捨てないこと!
    (特定のスーパーじゃないとキャッシュバックできないものもあるので注意)
  3. アプリ中央のアイコンをタップし、「Request My Cashback」へ
  4. 指示に従って、レシートの写真を撮り、商品のバーコードをスキャン。
  5. あとは待つだけ! 数日で承認され、キャッシュバックが受け取れます。
    (キャッシュバックは、銀行へ送金か、Paypalでの受け取りです)

下のリンクからアプリをダウンロード&紹介コードを使うと、
プリングルズ1本無料になります! (プリングルズ1本分のキャッシュバック)
ご興味があれば、どうぞ使ってみてください。
※アプリから登録しないとコードが紹介優待が使えないので注意!

Get a FREE can of Pringles! Download the Shopmium app and use my referral code f2y68t 😊 https://www.shopmium.com/uk/referral/f2y68t

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Money and Saving

Wise (TransferWise)

海外送金や外貨での受け取りってどうされてますか?

お恥ずかしながら、
やっと去年あたりオンラインで送金することを学習しました。

2012年頃から海外送金に馴染みがありましたが、
ずっと郵便局で海外送金などをして、かなり手数料を払ってきました。

情報が回るスピードが断然早いので、
私みたいに今更オンライン送金をし始める人とかは
いらっしゃらないと思いますが^^;
私の経験談をお話ししたいと思います。


本日の体験談は、Wise (旧: TransferWise)についてです。

使い方や登録方法は、
検索するといくらでも出てきますので、割愛します。

ことの始まりは、今まで日本で稼いだお金を
お得にポンドに変えられるかを考える必要がでてきたからです。

というのも、就職できる及び生活が落ち着くまでは、
今まで稼いできた日本円で生き伸びないといけないからです。

おそらくYMSや移住したての人は同じ状況かと思われます。

2020年11月、海外在住の優しいみなさんのポストを見て、
比較的ポンドが安い時に清水の舞台から飛び降りました。

Wise – Screen

一通りの入力手続きが終わって、思ったこと。

「めっちゃ手数料安くないか?あと、お金がどこにあるかわかるじゃん!」

Wise – Timeline

郵便局や銀行で海外送金をするときは、
お金がどこに行ったかすごい心配になるので、
上の画像のように送金の過程でどこにあるのかが分かるのが
とても良いなと思いました。

そして実は、初TransferWiseでの送金でトラブルがありました。
トラブルの内容は、私の受け取りGBP口座が閉鎖されているか、
受け取りの拒否がされている可能性があるというものでした。

その時の連絡は、メールで来たのですが、
迅速で何をしたらいいのかわかりやすいものでした。

Wise – Email

メールの記載内容で直接的解決はしませんでしたが、
受け取り口座の銀行に連絡をする行動に繋げられたので、
良いと思います。

※ 上記のようなメールを受け取って再度試してもダメな場合は、
マネーローンダリング防止目的で
受け取り銀行側でブロックしてる可能性があります。

他に理由がない場合は、受け取り銀行に直接連絡をして、
本人確認できるとお金が受け取れるようになるはずです。

問い合わせ窓口曰く、私がこの銀行(HSBC)を一年以上使っていなかったため、
海外入金をセキュリティ上ブロックしたとのことでした。

初めて使ってすぐに送金トラブルがありましたが、
トラブルがあっても手続きから2営業日程度で着金が確認できました。

着金が確認できて思ったことは、
トラブルがあってもこんだけ早いって素晴らしい。
郵便局とか銀行はトラブルがあったら、もっと遅くなるぞ・・・
(学生の時、送金先住所がウェールズ語だったため
再三の確認があり、かなり時間がかかりました。)

他に便利かつ安い手数料の送金サービスが生まれない限りは、
ここを使おうと思っています。

まあ、早くポンドでの定期収入ができれば送金なんてしなくていいんですけどね。

ご興味があれば、以下のリンクを使用して、
Wiseの海外送金をお試しくださいませ。
¥75000分の海外送金の手数料が無料になります。

https://wise.com/invite/u/shokok58

では〜。

Wise (旧TransferWise)

Wise (旧TransferWise)

TransferWise LTD無料posted withアプリーチ

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Money and Saving, Travel

Railcard

前回の記事で「Railcard」を持っていると
チケットが安く買えるという話をサラッとしたと思いますが、
今回はその詳細です。


National Rail – Railcard

Railcardとは、特定の条件を満たした人のみに発行される
割引証明カードのようなものです。
£30で1年間最大1/3引きの運賃で、切符が購入できるようになります。

Railcardはいくつも種類があり、それぞれ条件が異なります。
種類と購入条件は次の通りです。

  • 16-25 Railcard (16歳以上25歳未満)
  • Two Together Railcard (自分自身と特定の1人が一緒に旅行する場合)
  • Family & Friends Railcard (大人と一緒に子供が一緒に旅行する場合)
  • Senior Railcard (60歳以上)
  • Disabled Person Railcard (電車の移動を難しくするような障害がある場合)
  • Network Railcard (16歳以上の人がSouth Eastエリアを移動する場合)
  • Veterans Railcard (イギリスの退役軍人)
  • 26-30 Railcard (26歳以上30歳未満)
  • 16-17 Saver (16歳及び17歳)


Veterans Railcard以外は
イギリスにYMSや旅行、移住で来た日本人に
一つは申し込み可能なものがあるのではと思います。

また、自分にベストなRailcardは、公式ホームページで診断できます。

そしてRailcardのメリットは、運賃の割引だけではありません。

National Railの提携先での割引や特典が受けられます。
提携先の例は以下の通りです。

  • YHA (ユースホステル)
  • 劇場
  • Virgin Experience Days

Railcardの種類によって提携先は異なりますので、
各ページの「Offer」をご確認ください。

Railcardの入手・受け取り方法

Railcardの入手・受け取り方法は、以下の通りです。

  • 駅のチケット窓口で申込書を提出し、代金を払う。
    その場でRailcardが受け取れます。
  • National Railのページで購入し、郵送してもらう。
  • National Railのページで購入し、アプリに入れる。

旅行及び短期滞在などの国内アドレスがない場合は、
アプリか駅のチケット窓口での購入のオプションに限られます。

ただし、一部には3年有効なRailcardがありますが、
3年間有効なRailcardはオンラインでの取り扱いのみとなってます。

Railcardを買うべき距離や乗車頻度

購入前に最低どれだけ電車を使うか、
交通費はいくらになるか試算して、
Railcard分の£30を大きく超えたときは買い時です。

以下、Railcardの購入是非の判断基準の参考として、
ロンドンからスコットランドへ電車で
一回でも往復する場合はあったほうがベター。

もっと短い距離で言うとロンドン・ウェストヨークシャー間を
1回往復する場合もRailcardがあったほうが良いです。

ミルトン・キーンズやブリストルへの一回往復は
Railcardの恩恵はほぼないです。
ブリストル – ロンドン間 Off-Peak Return: £57.25 (£86.80)
ミルトン・キーンズ – ロンドン間 Off-Peak Return: £13.85 (£21.00)

ただ、ここまで読んでいただいて、
もしかしたら「短期滞在や旅行でも本当にお得なの??」と
疑問に思われている方がいるかもしれないので、
私の昔の実例をご紹介させていただきます。
※()がRailcardなしの運賃。Railcardの有無関係なく価格は2021年3月調べです。

ある時の一ヶ月のイギリス滞在

  • マンチェスター空港 – 北ウェールズ間 Off-Peak Return: £34.55 (£52.40)
  • 北ウェールズ – ロンドン間 Off-Peak Return: £69.65 (£105.60)
  • 北ウェールズ – リーズ間 Off-Peak Return: £59.65 (£90.40)
  • ブラッドフォード – リーズ間 Anytime Single: £2.35 (£3.60)

Railcard有の交通費: £166.20
Railcard無の交通費: £252

Railcardが年間£30なので、
実際に節約できた金額は£55.80です。

実際はこれ以外にも電車に乗っている記憶があるのですが、
データがないので確認できませんでした。

もちろん、上記の運賃試算は、
「チケットを分割」するトリックを使ってないので、
分割するとまた運賃は大きく変わりますので注意です!


参考になりましたでしょうか?
ぜひRailcardを使って、
お得に切符を買っていただければと思います。では!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ