Posted in Food

スーパーで買えるアジアン食材

先日の記事「アジア食材どこで買う?」で
私がどこで買っているか、代用品の話をしました。

今回は、住み始めて3ヶ月の間にあれこれ試して、
個人的にスーパーで買えるアジア食材・お惣菜で良かったものを
ご紹介したいと思います。

「アジア系スーパーには行けないけど
Sainsbury’s、ASDAやMorrisonsはあるぞ」なお仲間や
「給料日がまだ先だけど、アジア食が食べたいんじゃー」なお仲間。
ぜひ参考にしていただければ、幸いです。

1. Morrisons: Medium Egg Noodle 250g

ラーメンをやたら食べたいと思うんですけど、
お店に行くオプションがないので、ラーメンを何回か作りました。

色々試した結果、生麺ではなく乾燥麺が良い。
MorrisonsのEgg Noodleで、
私の好みの食感のラーメンが作れることが分かりました。

余談ですがスープは、チャーシューを作った時の煮汁で作ってますので、
たくさんの材料は使ってません。

あと、この乾燥麺は1パック£1でお安いです。
4玉?というか、4つの麺の塊が入ってますが、
おそらく2つで1人前です。

細麺がお好みな方は、Fine Egg Noodlesもあります。

2. Sainsbury’s: Udon Noodles 300g

2人前分で£1.25でビミョーな価格ですが、
基本のうどんをはじめ、焼うどんにもカレーうどんにも使えます。

アジア系スーパーで輸入された麺を買うよりは、
比較的手頃に買えます。

£1で売っている時もあるので、
Sainsbury’sに行くときは必ず売り場を確認してます。
廃止しないでほしいので、みなさんで買い支えましょうw

あと、このシリーズのEgg Noodleや野菜炒めパックは、
手軽でそれなりに美味しいので、もう一品ほしい時にもお勧めです。

3. Yutaka: Katsu Curry Sauce 100g (4 Servings)

スーパーのプライベートブランドではないのですが、
輸入のカレールーが買えないけど、
どうしてもカレーが食べたい時には買う価値ありです。

スーパーで必ず扱っている訳ではないようですが、
大きめのスーパーなら見つかる確率が高いです。

これを使って、
カツカレーを作った時の記事がありますので、
興味がありましたら、こちらもどうぞ!
カツカレー

4. ASDA: 4 Chicken Spring Rolls

夫がかなり春巻きが好きなんですが、
基本的に作るのは面倒なので、これを買って来ちゃいます。

安いけど、美味しい。ちょっとしたご褒美です。

そして、Sweet Chilli Sauceをかけて食べます。

5. Sharwood’s: Cooking Sauce全般

大学生の時からのめんどくさがりの性格は変わっておらず、
凝った料理になりそうなクッキングソースは家に常備しております。

私は、Butter ChickenやTikka Masalaなどのカレー系を始め、
Sweet & SourやBlack Beanの中華系などを買ってます。

パウチに入っているのではなく、瓶に入っているのを買ってます。
かさばりますが、残りがちゃんと封できるので、こっちのが好み。

Sharwood’sはブランドですが、
ASDAのプライベートブランドのソースもなかなかいけます。


現在進行形で様々なものを試していますので、
美味しいものがあったら共有させていただきます!

では^^

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Food

カツカレー

本日は夕飯にカツカレーを作りましたので、
イギリスでのカツカレーに関する話をしたいと思います。

ツイッターやインスタでもぼやいたのですが、
イギリスではカツ?カレーが人気になってます。

私がウェールズで大学生だった6年以上前も
近くの日本風料理店で出されるカツカレーが人気でした。
(そして日本人学生には、
フュージョンじゃないちゃんとした日本食として認められてました。)

ここに再移住して、びっくり。
なぜこんなにカツカレーが流行っているのか。
6年前には見なかったカツカレーという文字が踊っている・・・。

しかも日本のカレーというのではなく、「カツカレー」という名前。
スーパーのレディミールのコーナーには、
カツがないのにカツカレーとか、
しまいにはマクドナルドはこんな商品を期間限定で出しました。

カツナゲットってなんやねん・・・・。
(パン粉に包まれているナゲットらしいです。)

なお、私は近くにマックがないので、残念ながら試せておりません。

そして、カツが入っている訳ではないけど、
ルーの名前がカツカレー。。。

カレールー

こっちに来てから、ずっと日本のカレーを食べたかったんです。
私はこの怪しいカレールーを藁にもすがる気持ちで購入しました。
一箱 £2.25 (約332円)でした、高い高すぎる・・・

毎週カレーを食べているような家庭ではありませんでしたが、
食べる機会が急激に減ると食べたくなるものです。

このカレールーを使って、作った「カツカレー」がこちら。

衝撃的なほどに盛り付けのセンスがありませんが、
ちゃんとカツカレーの見た目をしております。
(カツは揚げると片付けがめんどくさいので、オーブンで調理してます)

味はCoCo壱番屋のカレーぽい。中辛から辛口の味付けです。
コスパはあまり良くないけど、
日本のカレーをどうしても食べたい時とか自分を励ましたい時には
買う価値があると思います。私は好きです。とても好きです。

CoCo壱番屋が好きな旦那も喜んでおりました。
「次日本に行くときは、ココイチに直行しよう」と言っておりました。

残りのカレーは、カレーうどんの汁にして
次のランチに美味しくいただく予定です。

今後も日本の名前がついた気になる商品があったら、
試してみたいと思います。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Food

人工肉とカレー

留学生時代から気になっていたもの
試していなかった人工お肉「Quorn(クォーン)」のお話です。

今日の夕飯に日本のカレーを作ろうとしていた私ですが、
にんじん・玉ねぎ・じゃがいもがないことに気づき
旦那に買ってきてもらいましたが、肝心のお肉がないことに気づき、
冷凍庫にメインの具になるものをないかを探したところ、見つけました。

\ どーん / 「Quorn」です。

旦那がいつぞやのために使おうと思ってたらしいですが、
私が使いました。ごめんねwww

Quornとは何かというと、肉の代替品で
キノコ?カビ?のタンパク質を発酵させて
出来たマイコプロテインというものらしい・・・
(正直、調べたけどよくわからなかった)

見た目は豆腐というか、高野豆腐ぽいと思う。

匂いはよくわからない。作っているうちに崩れて、
麻婆豆腐の挽肉ぽい仕上がりになりましたが、ちゃんとカレーですwwww
多分かき混ぜすぎた。

味は。。。鶏肉ぽいけど、鶏肉かって言われるとビミョー。
食感はささみとか鶏むね肉的な感じでパサパサ?
混ぜすぎて、挽肉ぽくなってるから、ぶっちゃけこれが正解なのかはわからん。

私は現在ヴィーガンとかペスカテリアンではないですけど、
(お肉は食べたいけど) 健康的・体臭的・思想的にちょっと・・・とか
考える人にはありなのかも。

あと、とりあえず昆虫食は見た目がそそられないから、
別のタンパク質源としてQuornはありだな。

今回は旦那が買ったものを勝手に使ったので、
私は試しに別の形態のQuornを買ってみたいと思います。

Quornでおすすめとか別のタンパク質源で美味しいものあれば、是非教えてください!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ