Posted in Travel - England

低コストアクティビティ in ロンドン

今回のロンドン訪問はThe Making of Harry Potterがメインで、
すでにかなりのお金を使っていたため、
それ以外のアクティビティは
なるべくお金を使わないようにする必要がありました。

その結果、お金があまりかからないアクティビティを行いましたので、
同じように低予算でロンドン散策する人の参考のために残しておきます。

Battersea Power Station

料金: 無料 (近郊店舗利用の場合は、店舗により変動)

元々は火力発電所ですが、
CDジャケットや映画の撮影に使われたりして有名な建物です。
現在は操業停止され、再開発がされ
いろんなオフィスやアパート、ショップなどがあるエリアとなりました。
また去年2021年にこのバタシーまで地下鉄の路線が伸びました。

雰囲気的には東京の青海、夢の島、葛西臨海公園とかが近いかもです。
(伝われ)

建物の雰囲気を楽しむのもよし、
天気がよければ、近くのベンチでぼーっとするもよし、
ちょっとお店見てぶらぶらもオッケーです。

Queen Elizabeth Olympic Park

料金: 無料 (近郊店舗利用の場合は、店舗により変動)

2012年のロンドン五輪で使われたオリンピック公園です。

メインの競技場はサッカーチーム”West Ham United”の本拠地になったり、
展望台がついたモニュメントがあったり天気がいい時におすすめ。

オリンピックのロゴのモニュメントもあるので、写真撮影も○

後述で紹介のレンタサイクルで回ると効率よく見て回れ、
移動も楽ちんです。

Museum of London Docklands

料金: 無料 (寄付大歓迎)

ロンドンの波止場エリアについての博物館です。
このエリアがどのように発展して、今の状態になったかまでが分かります。

行った時がハーフタームで子供がかなりたくさんおり、
子供向けの歴史紹介劇をいくつか行っていました。

波止場エリアと関係がある戦争に関する展示、
移民・人種差別などの展示もあるので、
子供だけでなく大人も興味深く楽しむことができます。

Santander Cycles

料金: £2~

ロンドンの至る所にあるレンタサイクルサービスです。

ロンドン訪問数回目である程度の観光スポットは行っているため、
ただただ風景を眺めるため自転車を借りて走りました。

24時間のレンタルが£2で、30分の走行は無料、
30分以上走行した場合は走行時間に応じて追加料金が発生します。
つまり、30分以内の自転車走行を繰り返せば、£2ポッキリです。
※30分以内に必ずレンタルスポットにしっかり返却すること

ただのママチャリではなくギアもついてるので
坂を登るのも全く問題なし。
(なお、約2年ぶりに自転車乗った私は太ももがえらい筋肉痛になりました)

余談

JRC Global Buffet

料金: £22~

お金がかからないアクティビティではないんですが、
ワトフォードにある
安い値段でいろんなものが食べれるブッフェに行ってきました。

このブッフェはイギリス最大のレストランの一つで、
一度に3000人に食事を提供でき、
300種類の料理がテーブルに並んでます。

このブッフェを知ったきっかけは、
Channel 5のドキュメンタリー
All You Can Eat: Secrets of the World’s Mega Buffet“を
ロンドン訪問前に見たからです。

今回の旅行で泊まったホテルがワトフォードにあったというのもあり、
経験がてらここで夕飯を食べました。

結論からいうと、ドキュメンタリー見て期待しすぎた感があります。
あと、客層も対応も値段相応というか、ちょいと残念だったカナ・・・

そして寿司がツッコミどころありすぎる。
カリフォルニアロールのサーモンも気持ちばかりしか入ってないし、ほぼ米。
日本人的にはブチギレて良いかも。

でも、中華と鉄板焼き、その他オードブルは良かったです。
ワトフォードに泊まってるけど食べる場所に困ってるとか、
ちょっといろんなもの食べたいかもというときは◎です。


過去のイングランド旅行はこちら!

そして、今回のロンドン旅行関連記事はこちら。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Travel - England

The Making of Harry Potter

先日、メイキング•オブ•ハリーポッターに行ってきました!

Studio Tour

館内に入ると、飲食エリア・お土産屋さんがあるのですが、
そこスルーすると実際のツアーが開始!

ネタバレになるのと時期ごとに展示が多少異なるようなので、
多くを語らず、ほんの少しだけお写真を公開。

私たちが訪問した当時は『Magical Mischief』という、
フレッド&ジョージ・ウィーズリーの双子を始めとする
魔法を使ったイタズラグッズ・イタズラに関する展示になっていました。

the Great Hall

スタンプラリーがあったり、
テーマに合わせた体験ができたり、
グリーンスクリーンの前で写真が撮れるスポットがあったり、
特殊メイクやセットが作られるまでのプロセスが紹介されるエリアがあり、
ハリーポッターに詳しくなくても、
誰しもなんらかの楽しめる展示が見つかると思います。

Diagon Alley

Harry Potter Fan Club

ハリー・ポッター ファンクラブ(Harry Potter Fan Club)は、
ワーナー・ブラザースが公式に提供する
ハリー・ポッター ファン向けの会員サービスです。

Harry Potter Fan Club

ホグワーツの組分け、自分のパトローナス(守護霊)を確認できたり、
自分の杖が何かを確認できるなど、
ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストが好きなファンは
ハマるサービスやコンテンツが充実しています。

ハリーポッター公式アプリ『Harry Potter Fan Club』を持っている場合は、
敷地内を探求してアプリでQRコードを読みこむと
クイズや裏話などの特別コンテンツを閲覧することが出来ます。

Food & Drink

ツアーエリア内、入口付近に
飲食ができるエリアがあります。

飲み物は紅茶などの一般的な飲み物が提供されていますが、
ハリーポッターの物語に出てくる、「バタービール」も飲めます。
ビールは名ばかりで、見た目がビールぽいですが、
味はIrn-Bru (アイアンブルー)にクリームが載っている感じです。

USJで飲んだバタービールとは、味が多少異なると思いました。

Butterbeer

*Irn-Bru (アイアンブルー)はスコットランド発の炭酸飲料で、
どの炭酸飲料とも似てないので、形容しずらいです。

食事はイギリスのパブやカフェで食べられるようなものが中心となってます。
フィッシュ&チップスを始め、バーガーやピザ、パイなどです。

私は「チキン、ガモンとリークのパイ」を食べました。
もちろんグレービーソース付き。

Chicken, Gammon & Leek Pie

営業時間・アクセス等

営業時間: 日によって変動
入場料: £49.95 から

最寄り駅はNational Rail Serviceの「Watford Junction」。
ロンドン中心(Euston駅)から電車で
最短20分程度で最寄り駅に着きます。

ロンドン中心部からオイスターカードを使って
移動することができますが、
オイスターのZone外(Special Areaに値する)なので
片道£8.00ぐらいします。
ですので、確実に往復をする場合などはオイスターカードを使わず、
National Rail ServiceのDay Returnを買うことをお勧めします。
*往復で最安£13.00ぐらい。Railcardを使えば往復£8.00ぐらい。
[ 関連記事: Railcard ]

あと、Overgroundを使うと時間が50分ぐらいかかるので注意!

最寄り駅の「Watford Junction」につけば、
バス乗り場からシャトルバスが出てるのでアクセス楽ちん。

Shuttle Bus to Warner Bros. Studio Tour London

なお、Watford Junctionまで行かなくても、
ロンドン中心からバスが出ているようなので、
それぞれの予定にあわせて確認して利用をお勧めします。


過去のイングランド旅行はこちら!

なお、今回のロンドン旅行関連記事はこちら。

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
Posted in Travel - England

Haworth to Brontë Waterfall Walk

Moors

先日、ハワースからブロンテ姉妹で舞台になった湿地エリアを歩く
休憩を含む3時間程度のハイキングに行ってきました。

ハワースまではキースリーから保存鉄道で移動し、
私のいつものランチスポットで食事をし、出発!

保存鉄道やランチスポットに関しては、
過去記事: Keighley & Worth Valley Railwayをどうぞ。


Start: St Michael & All Angels Church, Haworth

メーンストリートにある赤い電話ボックスが目印です。
St Michael & All Angels Church, Haworthから出発です。

教会のゲートにある「Public Footpath to Penistone Hill」
のサインに従って進みます。

サインにすすむと教会の墓地に進むので
Kissing Gate (キッシングゲート)* が見える方向へ
そのまま道のりに沿って進みます。

*Kissing Gate (キッシングゲート): こういうの。

Ojw, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, via Wikimedia Commons

教会の敷地を出て、しばらく道なりに歩くと、
また別の方向サインが出ます。

ブロンテ姉妹の小説に憧れて訪ねてくる日本人が多いらしく、
「歩道」とも彫られています。

そして、さらに道を進むと、車道に出ます。
反対側に渡り、そのまま開けた道を進みます。
※ここにも方向サインがあります。

正しく進めば、写真のような方向サインが見えてきます。

ほぼ見える景色は変わりませんが、
本の形をした石などが地面にいくつかありますので、目印になるでしょう。

Penistone Hill

この丘、ペニストンヒルは、
ハワースからBrontë Waterfallに向かう中間地点ぐらいにあります。

この湿地エリアで一番高い位置にあるので、
ハワースや近隣の村、緑を見渡せます。

この丘に行かない場合はそのまま道なりに、
行った場合は元の場所に降りればOK。


そのあと、また道なりに進みます。

何回か車道に出ることになりますので、注意してください。
Reservoirと言われる貯水池・溜池?を見かけたら、あと少し。

Yorkshire Waterという水道局の管轄となっていますが、
ウォーキングやハイキングの方はOK。
このゲートを進んでください。

このサインを見たら、
あと15-20分ぐらいでBrontë Waterfallに到着します。

Brontë Waterfall

天気が良い日ということもあり、
いろんな人が歩きにきており、子供はこの小川で水遊びをしていました。

Top Withens

Brontë Waterfallからまた幾分か歩くと、
Top Withensという『嵐が丘』のモチーフになった廃墟があります。

多くの人がここをゴールにしてウォーキングをしているようです。

Dave.Dunford Dave.Dunford, Public domain, via Wikimedia Commons

今回は時間の関係上行っていませんが、こんな感じ。


今回のウォーキングは休憩含み2-3時間コース。
移動距離はほぼ9kmでした。

もう少し後に行くとブルーベルというお花がたくさん咲くのですが、
運動不足解消に行ったようなものなので、また近いうちに行きたいです。

以下のリンクがわかりやすく、
このルートを紹介しているので、詳細はこちらをどうぞ。
https://www.discoverbradford.com/post/haworth-to-bronte-waterfall-walk

Google Fit’s log

過去のイングランド旅行はこちら!

↓ブログランキングに参加しております。
気に入っていただけたら、クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ